kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ 更新通知tw @8812₋8812

Animals/Super Junior

Animals/Super Junior

 

 


Super Junior (슈퍼주니어) – Animals (Color Coded Lyrics/Han/Rom/Eng/Pt-Br)


*(Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh)


と なるる いとろく のぎょぼりん のん
더 나를 이토록 녹여버린 넌
僕をこんなに溶かしてしまった君は


In the end me and you, we're just animals
(Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh)


いりど えたげ うぉなげ へ のん
이리도 애타게 원하게 해 넌
こんなにも焦がれるほど求めさせる君は


In the end me and you, we're just animals

 

 

 

い とるりみ なん どぅりょうぉ
이 떨림이 난 두려워
このトキメキが僕は怖いんだ


すらりどん じがね いぷどぅるん とぅどじょ
쓰라리던 시간에 잎들은 뜯어져
辛かった時間に葉っぱたちは剥がれて


かしるる どぅろね ぼぁど ぷどぅろうん ばらむ
가시를 드러내 봐도 부드러운 바람
棘を剥き出しにしてみても柔らかい風


じゃっく なえげ たがわ なる ぱるげ ふぃがま
자꾸 나에게 다가와 날 빠르게 휘감아
何度も僕に近づいて 僕に素早く巻き付く

 


ね まみ びちん さい みるりょわ のん ぬんぶしょ
내 맘이 비친 사이 밀려와 넌 눈부셔
僕の心が映る間押し寄せる君は眩しい


ありょに すちん ぬんびっ もむちったげ へ
아련히 스친 눈빛 멈칫하게 해
朧気に掠める眼差し、動きを止めさせる


ね こだれじん まめ のるら のる うぉなじゃな
내 커다래진 맘에 놀라 널 원하잖아
僕の大きくなった心に驚いて 君を求めるんだ


I'll never fake it, baby if it's just us two (No)

 

 


**(Oh Oh Oh)


とぅごうぉ でいる ごんまん がった うぃほめど のる きょあな
뜨거워 데일 것만 같아 위험해도 널 껴안아
熱くてやけどしてしまいそうだ 危険でも君を抱きしめる


と なるる いとろく のぎょぼりん のん
더 나를 이토록 녹여버린 넌
僕をこんなに溶かしてしまう君は


In the end me and you, we're just animals Yeah


う すんがん た ととぅりるれ
이 순간 다 터트릴래
この瞬間全て弾けてさせてしまう


So come on baby come along


いりど えたげ うぉなげ へ のん
이리도 애타게 원하게 해 넌
こんなにも焦がれるほど求められる君は


In the end me and you, we're just animals

 


*Repeat

 

 

まる くち とるりん ちゃるら
말 끝이 떨린 찰나
言葉の最後が震える刹那


みろねりょ へぼぁど ねげ っと いくるり
밀어내려 해봐도 네게 또 이끌려 No
押し出そうとしても君にまた惹かれる No


いろっけ ちゃるぶん い すんがん ぬっきむ でろ たら
이렇게 짧은 이 순간 느낌 대로 따라
こんなに短いこの瞬間 感じるままに従って


おでぃろ かどんじ となるれ
어디로 가던지 떠날래 Go on and on
どこへ行くとしても向かおう Go on and on

 


いぷすり すちん さい みるりょわ のん ぬんぶしょ
입술이 스친 사이 밀려와 넌 눈부셔
唇が掠める間 押し寄せる君は眩しい


なる ひゃんへ びちん へびっ もむちったげ へ
날 향해 비친 햇빛 멈칫하게 해
僕に向かって照らす陽の光 立ち止まらせる


なん かるじゅんい な もぎ まるら のる うぉなじゃな
난 갈증이 나 목이 말라 널 원하잖아
僕は乾いている 喉が渇いた 君を求めてる


I'll never fake it, baby if it's just us two (No)

 

**Repeat

*Repeat

 

(Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh)
(Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh)
We're just animals

불꽃놀이(Flowerbomb)/WANNA ONE

불꽃놀이(Flowerbomb)/WANNA ONE


WANNA ONE (워너원) – FLOWERBOMB (불꽃놀이) (Color Coded Lyrics Eng/Rom/Han/가사)

 

 

のえ そぬる ちゃっこ に いるむる ぶるみょん
너의 손을 잡고 네 이름을 부르면
君の手を握って君の名前を呼んだら


のわ なえ はるぬん っと じながげっち
너와 나의 하루는 또 지나가겠죠
君と僕の一日はまた過ぎていくんだろう


ちゃぐん ばらみ ぶるご なるりみょ
작은 바람이 불고 꽃잎이 날리며
小さな風が吹いて花びらが舞って


とろじぬん もすび なっそるじが あんちょ
떨어지는 모습이 낯설지가 않죠
散る姿が見慣れてない訳じゃない


なん じょむじょむ
난 점점
僕は少しずつ

 

じょむじょむ もろじょ がぬん きぶん
점점 더 멀어져 가는 기분
少しずつ遠ざかっていく気分


じょむじょむ と のうる す おんぬん のるる
점점 더 놓을 수 없는 너를
少しずつでも手放せない君を


もるげっちょ もるげっちょ ね まむぐぁ たるげ
모르겠죠 모르겠죠 내 맘과 다르게
わからない わからない 僕の心と違って


おぬるど ねいるど っと きだりじょ
오늘도 내일도 또 기다리죠
今日も明日もまた待つんだろう


おるまな じなん じ もるんちぇ
얼마나 지난 지 모른 채
どれほど過ぎたのかわからないまま

 

 


むんどぅく てぃるる どらぼぁ たし のるる ぶるるけ
문득 뒤를 돌아봐 다시 너를 부를게
ふと振り返って見て また君を呼ぶ


ちょうむ ぼん く すんがん さらじんでど
처음 본 그 순간 사라진대도
初めて会ったあの瞬間が消え去るとしても


くろっけ ばらぼだ ちゃぷち もって みあなだ
그렇게 바라보다 잡지 못해 미안하다
そうやって見つめて 掴めなくて申し訳ない


なぬん こんにぷ たら とろじょ とろじょ とろじょ
나는 꽃잎 따라 떨어져 떨어져 떨어져
僕は花びらに従って落ちる 落ちる 落ちる

 


なる きおっけじょ
날 기억해줘
僕を覚えていて


ばんちゃぎん く じゃりえ なまそ
반짝인 그 자리에 남아서
輝くあの場所に残って


まじまく こちゅる ぴうぉじょ
마지막 꽃을 피워줘
最後の花を咲かせて


こぎ いっそじょ
거기 있어줘
そこにいてね


うり よんうぉん へよ へよ
우리 영원 해요 해요
僕らは永遠でいよう いよう


びち どぇお ぎょって いっとろく
빛이 되어 곁에 있도록
光になって 側にいれるように

 

 


ね まむ ぶるこんのりちょろむ
내 맘 불꽃놀이처럼
僕の心が花火のように


と ふんなるりんだ
또 흩날린다
また舞い散る


うり ぶるこんのりちょろむ
우리 불꽃놀이처럼
僕らは花火のように


かっち ふんなるりじゃ
같이 흩날리자
一緒に舞い散る


なる きおっけじょ
날 기억해줘
僕を覚えていて


ばんちゃぎん く じゃりえ なまじょ
반짝인 그 자리에 남아줘
輝くあの場所に残っていて


びょり どぇお よんうぉなどろく
별이 되어 영원하도록
星になって永遠に

 

どぅ ぬぬる と ぼぁっちゃ かむん ごんまん がった
두 눈을 떠 봤자 감은 것만 같아
両目を開いてみても閉じているようだ

 

のらん びち おぷきえ
너란 빛이 없기에
君という光が無いから


た ぼりょど ちょあ はむけよっとん
타 버려도 좋아 함께였던
燃えてしまってもいい 一緒だったら


くなる どらがる す いったみょん
그날 돌아갈 수 있다면
あの日に戻れるのなら

 

 


ぶるこちゅる じぴょっとん のえ く みそるる 
불꽃을 지폈던 너의 그 미소를
花火のような君のあの笑顔を


おっとけ ねげ いじょ
어떻게 내가 잊어
どうやって僕が忘れるんだ


しごっとん なるる たし すむ しゅぃげ へじょ
식었던 나를 다시 숨 쉬게 해줘
冷めた僕をまた息ができるように


ぶり こじん くごせ な はよもぷし そ いっそ
불이 꺼진 그곳에 나 하염없이 서 있어
火の消えたあの場所に僕は当てもなく立っている

 

 


ねりょっとん ぴるる くるむ どぇお はぬる うぃろ おるらが
내렸던 비는 다시 구름 되어 하늘 위로 올라가
降っていた雨はまた雲になり 空の上に昇って


とろじん こんにぷん こるみ どぇお たし こっ ぴうじゃな
떨어진 꽃잎은 거름이 되어 다시 꽃 피우잖아
落ちる花びらは肥料になってまた花を咲かせるんだ


きだりむん そるれみじゃな せろい こちゅる ぴうる って まんな
기다림은 설렘이잖아 새로이 꽃을 피울 때 만나
待つことはトキメキなんだ 新しく花が咲くときに会おう


くって く ひゃんぎ く きぶん たしぐむ あるむだぷけ ふんなるりじゃ
그때 그 향기와 그 기분 다시금 아름답게 흩날리자
その時あの香りとあの気持ち、再び美しく舞い散ろう

 

 

 

むんどぅく てぃるる どらぼぁ たし のるる ぶるるけ
문득 뒤를 돌아봐 다시 너를 부를게
ふと振り返って見る また君を呼ぶね


ちょうむ ぼん く すんがん さらじんでど
처음 본 그 순간 사라진대도
初めて会ったあの瞬間 消え去ったとしても


くろっけ ばらぼだ ちゃぷち もって みあなだ
그렇게 바라보다 잡지 못해 미안하다
そうやって見つめて掴めなくて申し訳ない


なぬん こんにぷ たら とろじょ とろじょ とろじょ
나는 꽃잎 따라 떨어져 떨어져 떨어져
僕は花びらに従って落ちる 落ちる 落ちる

 

 


なる きおっけじょ
날 기억해줘
僕を覚えていて


ばんちゃぎん く じゃりえ なまそ
반짝인 그 자리에 남아서
輝くあの場所に残って


まじまく こちゅる ぴうぉじょ
마지막 꽃을 피워줘
最後に花を咲かせて


こぎ いっそじょ
거기 있어줘
そこにいてね


うり よんうぉねよ へよ
우리 영원해요 해요
僕らは永遠だと言って


びち どぇお ぎょって いっとろく
빛이 되어 곁에 있도록
光になって側にいて

 

 


はぬる うぃろ ふとじょ
하늘 위로 흩어져
空の上で散らばって


ちゃばぼりょ えっそぼぁど
잡아보려 애써봐도
掴もうと必死になっても


そん ばっくろ ぱじょなが
손 밖으로 빠져나가
手の外に外れてしまう


ね ぬなぺそ ふとじね
내 눈앞에서 흩어지네
僕の目の前から散らばる


かじ ま かじ まら
가지 마 가지 마라
行かないで 行かないでと


ぬん かまやまん ぼいにか
눈 감아야만 보이니까
目を閉じれば見えるから


おっちょみょん けじ もったる くむ
어쩌면 깨지 못할 꿈
もしかしたら冷めない夢

 


ぎょって いっそじょ
곁에 있어줘
側にいて


ふんなるりぬん こちゅる たらそ
흩날리는 꽃을 따라서
舞い散る花に従って


くち おぷする うりちょろむ
끝이 없을 우리처럼
終わりのない僕らのように


まじゅ ぼごそ
마주 보고서
向き合って


うり よんうぉねよ へよ
우리 영원해요 해요
僕らは永遠だと言って


ぬんぶしどろく そくさぎょよ
눈부시도록 속삭여요
眩しいほど囁いて

 

ね まむ ぶるこんのりちょろむ
내 맘 불꽃놀이처럼
僕の心は花火のように


っと ふんなるりんだ
또 흩날린다
また舞い散る


うり ぶるこんのりちょろむ
우리 불꽃놀이처럼
僕らは花火のように


かっち ふんなるりじゃ
같이 흩날리자
一緒に舞い散る


なる きおっけじょ
날 기억해줘
僕を覚えていて


ばんちゃぎん く じゃりえ なまじょ
반짝인 그 자리에 남아줘
輝くあの場所に残して


びょり どぇお よんうぉなどろく
별이 되어 영원하도록
星になって永遠に


どらわ じょ
돌아와 줘
戻ってきて

집(ONE'S PLACE)/WANNA ONE

집(ONE'S PLACE)/WANNA ONE

 


Wanna One (워너원) - 'ONE'S PLACE' (집) Lyrics [Color Coded_Han_Rom_Eng]

 

しがに もむちゅん ごっちょろむ ねげぬん きじょく がっとぅん いりや
시간이 멈춘 것처럼 내게는 기적 같은 일이야
時間が止まったように僕には奇跡のようなことだ


うよに ころっとん い きれそ のる ちょうむ ぼぁっとん すんがん
우연히 걸었던 이 길에서 널 처음 봤던 순간
偶然歩いたこの道で君に初めて会った瞬間


こび まぬん なぬん のえげ きでご しぽっそ
겁이 많은 나는 너에게 기대고 싶었어
怖がりな僕は君に頼りたかった


いじぇ わ どりきょ ぼみょん うりん きょるこ うよぬん あにおっそ
이제 와 돌이켜 보면 우린 결코 우연은 아니었어
今になって振り返ってみると僕らは決して偶然ではなかった

 

 

いゆど おぷし なえ ぴょに どぇおじょっとん の
이유도 없이 나의 편이 되어줬던 너
理由もなく僕の味方になってくれていた君


ちゃがうぉっとん なえ そぬる こっ ちゃばじゅどん のる
차가워진 나의 손을 꼭 잡아주던 널
冷たくなった僕の手をぎゅっと握ってくれた君

 

 

あなじゅご しぽ
안아주고 싶어
抱きしめたい


いじぇぬん なぼだ そじゅんはん
이제는 나보다 소중한 You
今や僕よりも大切な You


ぎょってまん どぅご しぽ
곁에만 두고 싶어
側に置いておきたい


ねが いっそや はる ごすん
내가 있어야 할 곳은 You
僕がいるべき場所は You


しがに じなど はんさん よぎえ いっするけ
시간이 지나도 항상 여기에 있을게
時が過ぎてもいつもここにいるから


おんじぇらど ねが しゅぃる す いんぬん ちび どぇおじゅるけ
언제라도 네가 쉴 수 있는 집이 되어줄게
いつだって君が休める家になってあげる

 

 

You


ぬる どらおる す いっけ
늘 돌아올 수 있게
いつも返ってこれるように


You


おんじぇな
언제나
いつでも

 


 ぼいじ あんとん もどぅん げ
Ay 보이지 않던 모든 게
Ay 見えなかった全てが


ね ぬね ぼいね
내 눈에 보이네
僕の目に見える


い すんがね ね まうめ 
이 순간의 내 마음에 Eh Eh
この瞬間の僕の心に Eh Eh


た じょんへじょ いっとん ごっちょろむ
다 정해져 있던 것처럼
全て決められていたように


そろえげ と と いくるりょっそ おちょみょん
서로에게 더 더 이끌렸어 어쩌면
互いにさらに惹かれた もしかして


うりが まんなぎ じょんぶと
우리가 만나기 전부터
僕らが出会う前から

 

はんてぬん だんよなげ ばっきまん へっそ
한때는 당연하게 받기만 했어
一時は当然のように貰うばかりだった


ぬる なえ まうむる まるろまん じょなじ もったん
늘 나의 마음을 말로만 전하지 못한
いつも僕の心を言葉で伝えられず


すまぬん なる いぎじょぎおっとん なる
수많은 날 이기적이었던 날
たくさんの日 自分勝手だった僕を


ぎょってそ あむ まる おぷし
곁에서 아무 말 없이
側で何も言わずに


おるまな ひむどぅろっするか
얼마나 힘들었을까
どれだけ辛かっただろうか

 

いゆど おぷし なえ ぴょに どぇおじょっとん の
이유도 없이 나의 편이 되어줬던 너
理由もなく僕の味方になってくれていた君


ちゃがうぉじん なえ そぬる こっ ちゃばじゅどん のる
차가워진 나의 손을 꼭 잡아주던 널
冷たくなった僕の手をぎゅっと握ってくれた君を

 


あなじゅご しぽ
안아주고 싶어
抱きしめたい


いじぇぬん なぼだ そじゅんはん
이제는 나보다 소중한 You
今や僕よりも大切な You


ぎょってまん どぅご しぽ
곁에만 두고 싶어
側に置いておきたい


ねが いっそや はる ごすん
내가 있어야 할 곳은 You
僕がいるべき場所You


しがに じなど はんさん よぎえ いっするけ
시간이 지나도 항상 여기에 있을게
時が経ってもいつもここにいるね


おんじぇらど にが しゅぃる す いんぬん ちび どぇおじゅるけ
언제라도 네가 쉴 수 있는 집이 되어줄게
いつだって君が休める家になってあげる

 

 


かじゃん ぴょなん く まうむろ
가장 편한 그 마음으로
一番穏やかなその心で


くむる ぷむる す いっとろく
꿈을 품을 수 있도록
夢を抱けるように


に まうめ
네 마음의
君の心の


ちむる た どる す いっとろく
짐을 다 덜 수 있도록
荷物を失くせるように


ねげん おぷとん いゆどぅるど ねげぬん せんぎょっそ
네겐 없던 이유들도 내게는 생겼어
君には無かった理由も僕には生まれた


おどぅうぉっとん ね もどぅん ごる あなじゅん の ってむね
어두웠던 내 모든 걸 안아준 너 때문에 Uh
暗かった僕の全てを抱きしめてくれる君の為に Uh

 

 

 

Because of you


な あにん の ってむね
나 아닌 너 때문에 Uh
僕じゃない君の為に Uh


All about you


いじぇん なっそん なるどぅり どぅりょぷち あんけ へじゅるけ
이젠 낯선 날들이 두렵지 않게 해줄게
もう慣れない日々が怖くないようにしてあげる


のわ ね まうめ ぴょななん ちび どぇ じゅるけ
너와 내 마음의 편안한 집이 돼 줄게
君を僕の心の平穏な家になってあげる

 


あなじゅご しぽ
안아주고 싶어
抱きしめたい


いじぇぬん なぼだ そじゅんはん
이제는 나보다 소중한 You
今や僕よりも大切なYou


ぎょってまん どぅご しぽ
곁에만 두고 싶어
側においておきたい


ねが いっそや はる ごすん
내가 있어야 할 곳은 You
僕がいるべき場所は You

 

しがに じなど はんさん よぎえ いっするけ
시간이 지나도 항상 여기에 있을게
時が経ってもいつもここにいるから


おんじぇらど にが しゅぃる す いんぬん ちび どぇおじゅるけ
언제라도 네가 쉴 수 있는 집이 되어줄게
いつでも君が休める家になってあげる

 


You


ぬる どらおる す いっけ
늘 돌아올 수 있게
いつも戻れるように


You


おんじぇな
언제나
いつでも

봄바람(Spring Breeze)/WANNA ONE

봄바람(Spring Breeze)/WANNA ONE


Wanna One (워너원) - '봄바람 (Spring Breeze)’ M/V


Wanna One Go [최초공개] Wanna One - ′봄바람′ 181122 EP.23

 


のわ ねが まんなそ
너와 내가 만나서
君と僕が出会って


うりが どぇん ごん きじょく
우리가 된 건 기적
僕たちになったのは奇跡


た くみん ごんまん がった
다 꿈인 것만 같아
全てが夢みたいだ


ぬん がまど
눈 감아도
目を閉じても


そんみょんはげ ぼよ
선명하게 보여
鮮明に見える


と ちゃれじゅじ もって
더 잘해주지 못해
もっと上手くは出来ない


じゃっくまん ふふぇが どぇ
자꾸만 후회가 돼
何度も後悔になる


ね まむん くげ あにんで
내 맘은 그게 아닌데
僕の気持ちはそうではないのに


ぬる がっち いっこ しぷんで
늘 같이 있고 싶은데
いつも一緒に居たいのに

 

 

 

きん とのるる じな
긴 터널을 지나
長いトンネルを過ぎて


ばるぐん びちゅる ぼる って
밝은 빛을 볼 때
明るい光を見る時


はむけ ぬっきょっとん たとぅったん きおくどぅる
함께 느꼈던 따뜻한 기억들
一緒に感じた暖かい記憶たち


ぬる ね ぴょに どぇお
늘 내 편이 되어
いつも僕の味方になり


なる びんなげ まんどぅろ じゅどん(まんどぅろ じゅどん)
날 빛나게 만들어 주던 (만들어 주던)
僕を輝かせてくれていた(そうさせてくれた)


く みそ く ぬんむる
그 미소 그 눈물 Uh
あの笑顔 あの涙 Uh

 


なる ぶるろじゅどん もくそり
날 불러주던 목소리
僕を呼んでくれていた声


くぃるる じゃっく めむどるげっち
귀를 자꾸 맴돌겠지
耳で何度も響くだろう


まじゅ ぼどん そろえ ぬんびち
마주 보던 서로의 눈빛이
向かい合った互いの眼差しが


くりぷげっちまん
그립겠지만
恋しくなるだろうけど


さらん そるれむ ちょっ ぬっきむ そんみょんひ なま
사랑 설렘 첫 느낌 선명히 남아
愛 トキメキ 初めて感じた時が鮮明に残り

 

 


うり たし まんな
우리 다시 만나
僕らまた会おう


ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
春風が通り過ぎたら


ふぁなげ うするけ
환하게 웃을게
明るく笑うから


ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
春風が通り過ぎたら

 

うり たし まんな
우리 다시 만나
僕らまた会おう


ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
春風が通り過ぎたら


はん ぼん と あなじゅるけ
한 번 더 안아줄게
もう一度抱きしめる


ぼむばらみ じながみょん くってらみょん
봄바람이 지나가면 그때라면
春風が通り過ぎたら その時は

 

 


みあん みあん
미안 미안
ごめん ごめん


ぬる ばっきまん はん ごっ がったそ
늘 받기만 한 것 같아서
いつももらうばかり見たいで


こまうぉ こまうぉ
고마워 고마워
ありがとう ありがとう


あるむだうぉ じょそ
아름다워 줘서
綺麗になってくれて


とん びん ね まむる のん どぽ
텅 빈 내 맘을 넌 덮어
空っぽな僕の心を君は覆って


かどぅく のろ ちぇうぉ じょそ
가득 너로 채워 줘서
君でいっぱいに満たしてくれて

 

じちん ねげ そぬる ねみろ
지친 내게 손을 내밀어
疲れた僕に手を伸ばして


のまに なる すむ しゅぃげ まんどぅろ
너만이 날 숨 쉬게 만들어
君だけが僕に呼吸させてくれる


いじぇん めいるめいる せんいる
이젠 매일매일 생일 Birthday
今は毎日が誕生日 Birthday


なん せろ ておなん ちぇろ
난 새로 태어난 채로 Up
僕は新しく生まれたままで Up

 

 


ぬる ね ぴょに どぇお
늘 내 편이 되어
いつも 僕の味方になって


なる びんなげ まんどぅろ じゅどん(まんどぅろ じゅどん)
날 빛나게 만들어 주던 (만들어 주던)
僕を輝かせてくれていた(そうさせてくれた)


く みそ く ぬんむる
그 미소 그 눈물 Uh
あの笑顔 あの涙 Uh

 

いくすっかん のえ もすび
익숙한 너의 모습이
見慣れた君の姿が


おちょみょん びょねがげっち
어쩌면 변해가겠지
もしかしたら変わっていくだろう


まじゅ ぼどん うりえ きおくん
마주 보던 우리의 기억은
向かい合った僕らの記憶は


ちぐむ いでろ
지금 이대로
今このまま


さらん そるれむ ちょっ ぬっきむ そんみょんひ なま
사랑 설렘 첫 느낌 선명히 남아
愛 トキメキ 初めて感じた時を鮮明に残して

 

うり たし まんな
우리 다시 만나
僕らまた会おう


ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
春風が通り過ぎたら


ふぁなげ うするけ
환하게 웃을게
明るく笑うから


ぼむばらみ じながみょん くってらみょん
봄바람이 지나가면 그때라면
春風が通り過ぎたら その時は

 

 


どぅりょぷち あな
두렵지 않아
怖くない


そろえ まうむる ちゃる あら
서로의 마음을 잘 알아
お互いの気持ちをよく知ってる


こっちょんはじ ま く ぬぐぼだ
걱정하지 마 그 누구보다
心配しないで 誰よりも


のるる あっきにか
너를 아끼니까
君を大切にしてるから

 

うり たし まんな
우리 다시 만나
僕らまた会おう


ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
春風が通り過ぎたら


ふぁなげ うするけ(うするけ)
환하게 웃을게 (웃을게)
明るく笑うから(笑うから)


ぼむばらみ じながみょん(た じながみょん)
봄바람이 지나가면 (다 지나가면)
春風が通り過ぎたら (通り過ぎたら)

 

うり たし まんな
우리 다시 만나
僕らまた会おう


ぼむばらみ じながみょん(ぼむばらみ じながみょん)
봄바람이 지나가면 (봄바람이 지나가면)
春風が通り過ぎたら (春風が通り過ぎたら)


はん ぼん と あなじゅるけ(あなじゅるけ)
한 번 더 안아줄게 (안아줄게)
もう一度抱きしめる (抱きしめる)


ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면

春風が通り過ぎたら


くってらみょん
그때라면
その時は

오아시스(Oasis)/EXO

오아시스(Oasis)/EXO
 
 
ふぁりょへっとん もどぅん げ
화려했던 모든 게
華麗だった全てが
 
なる ゆほっかどぅっ いおじん
날 유혹하듯 이어진
僕を誘惑するように続く
 
くごっまに せさんえ
그곳만이 세상의
あの場所だけが世界の
 
じょんぶいん じゅるまん あらっそ
전부인 줄만 알았어
全てだと思った
 
こちろじん すむ
거칠어진 숨
荒くなる息
 
へだぷる ちゃっき ぱっぷん ぬn
해답을 찾기 바쁜 눈
解答を探して忙しい目
 
まるらがぬん ね いぷする
말라가는 내 입술
乾いていく僕の唇
 
くどぷし いおじん い きる うりん
끝없이 이어진 이 길 우린
果てしなく続くこの道で僕らは
 
 
 
ちょぐむ と もるり と もるり
조금 더 멀리 더 멀리
もう少し遠く、もっと遠く
 
あどぅっかん い きるる たら
아득한 이 길을 따라
遥か続くこの道に沿って
 
Runnin’ I’m runnin’
Chasing the sun
 
きん はるる
긴 하루를
長い一日を
 
Run Run Run Run
 
 
まんどぅろじん きれん きょるぐく もどぅ
만들어진 길엔 결국 모두
作られた道には結局全て
 
くち いったぬん ごる あらぼりん
끝이 있다는 걸 알아버린
終わりがあるのを知ってしまった
 
ねげ むんどぅく たぶる どぇむんどぅっ
내게 문득 답을 되묻듯
僕にふと答えを聞き返すように
 
に もっでろ か
네 멋대로 가
君の勝手に進む
 
くじ もむちゅじぬん ま
굳이 멈추지는 마
敢えて止まらないで
 
ばんひゃん たうぃん じぇじま
방향 따윈 재지마
方向なんか測らないで
 
へめるすろく もぎ た
헤맬수록 목이 타 yeah yeah
彷徨うほど喉が渇く yeah yeah
 
ぶるけ むるどぅん
붉게 물든 desert
赤く染まる desert
 
のも おあしす ちゃじゃ なそ
너머 오아시스 찾아 나서
越えてオアシスを探し出して
 
 
 
ちょぐむ と もるり と もるり
조금 더 멀리 더 멀리
もう少し遠く、遠くに
 
あどぅっかん い きるる たら
아득한 이 길을 따라
遥か続くこの道に沿って
 
Runnin’ I’m runnin’
Chasing the sun
 
きん はるる
긴 하루를
長い一日を
 
Run Run Run Run
 
 
うりん と もるり と もるり
우린 더 멀리 더 멀리
僕らはもっと遠く、遠くに
 
かん ちょく おんぬん きるる ちゃじゃ
간 적 없는 길을 찾아
行ったことない道を探して
 
Runnin’ I’m runnin’
Chasing the sun
Yeah I’m on the road
 
 
 
ぼだ もん くごする と
보다 먼 그곳을 더
より遠いあの場所をもっと
 
なぬん かるまんはぬん ごる
나는 갈망하는 걸
僕は渇望するんだ
 
たどぅろ がる もんまるめ なん
타들어 갈 목마름에 난 oh
燃え移っていく喉の渇きに僕は oh
 
 
ちょぐむ と もるり と もるり
조금 더 멀리 더 멀리
もう少し遠くに、遠くに
 
あどぅっかん い きるる たら
아득한 이 길을 따라
遥か続くこの道に沿って
 
Runnin’ I’m runnin’
Chasing the sun
 
きん はるる
긴 하루를
長い一日を
 
Run Run Run Run
 
 
 
 
うりん と もるり と もるり 
우린 더 멀리 더 멀리
僕らは遠くに もっと遠くに
 
かん ちょく おんぬん きるる ちゃじゃ
간 적 없는 길을 찾아
行ったことない道を探して
 
Runnin’ I’m runnin’
Chasing the sun
Yeah I’m on the road

여기 있을게(Smile On My Face)/EXO

여기 있을게(Smile On My Face)/EXO
 
 
 
おりょむぷったん きおげ
어렴풋한 기억에
薄い記憶に
 
くまじょど いじぇん くぇ ひみへ
그마저도 이젠 꽤 희미해
それさえも今はとてもぼんやりしている
 
いるむじょちゃ ちゃる とおるじ あな
이름조차 잘 떠오르지 않아
名前さえ思い出せない
 
くなるん のむ とぅりょったんで
그날은 너무 또렷한데
あの日はとてもハッキリしてて
 
おっちょみょん のん
어쩌면 넌 heartbreaker
もしかしたら君は heartbreaker
 
ね まむる あぷげ へっとん げ ぶんみょんはんで
내 맘을 아프게 했던 게 분명한데
僕の心を痛めたのは明らかなのに
 
いろっけ あむろっち あんぬん なる ぼみょん
이렇게 아무렇지 않은 날 보면
こんな風に何ともない自分を見ると
 
いじぇん た くぇんちゃぬんがぼぁ
이젠 다 괜찮은가봐
今はすっかり大丈夫みたいだ
 
 
 
くれっとん のる うよに まじゅちん ごや
그랬던 널 우연히 마주친 거야
ああした君と偶然会ったんだ
 
じはやっけ いじょじん のぬん っと くろっけ
하얗게 잊혀진 너는 또 그렇게
白く忘れられた君はまたあんな風に
 
すちょ じながぬん ばらむちょろむ のん
스쳐 지나가는 바람처럼 넌
通り過ぎていく風のように君は
 
さらじょが じゃよんすれ
사라져가 자연스레
消えていく 自然に
 
 
 
I did it all with a smile on my face
 
ね きおげ さらじん ふんじょくどぅり
내 기억에 사라진 흔적들이
僕の記憶に消えた痕跡たちが
 
なえげ たし どらおるっかぼぁ
나에게 다시 돌아올까봐
僕の元へまた戻って来るようで
 
うすみょ たし どるりょぼねるけ
웃으며 다시 돌려보낼게
笑顔でまた元に返してあげる
 
I did it all with a smile on my face
 
あむど あぱはじ あなど どぇ
아무도 아파하지 않아도 돼
誰も苦しまなくていい
 
もろじょがぬん のる ぶっちゃぷち あな
멀어져가는 널 붙잡지 않아
遠ざかる君を引き留めない
 
なん うすみょ のる となぼね
난 웃으며 널 떠나보내
僕は笑顔で君から旅立って
 
With a smile on my face
 
 
はんちゃむる もんはに そそ
한참을 멍하니 서서
暫くはぼーっと立って
 
じょまんち もろじょがん のる ばらぼね
저만치 멀어져간 널 바라보네
あんな風に遠ざかる君を見つめる
 
うぇ いろぬんじ など いへが あんどぇ
왜 이러는지 나도 이해가 안돼
どうしてこうしてるのか僕も理解ができない
 
のる ぼねっとん くなるちょろむ
널 보냈던 그날처럼
君を見送ったあの日のように
 
むろっそ いゆが むぉに
물었어 이유가 뭐니
問うたんだ 理由が何なのか
 
あむ まる おぷし なる こっ あなじょっこ
아무 말 없이 날 꼭 안아줬고
何も言わず僕をぎゅっと抱きしめてくれた
 
くげ うりえ くちん ごる あらっそ
그게 우리의 끝인 걸 알았어
それが僕らの終わりだとわかった
 
くろっけ もろじょがん の
그렇게 멀어져간 너
そうやって遠ざかっていった君
 
 
 
 
 
さしる のえ ではん もどぅん ごん そんみょんへ
사실 너에 대한 모든 건 선명해
実は君に対する全てが鮮明で
 
に いるむ ぬんびっ まるとぅっかじ もどぅん げ
네 이름 눈빛 말투까지 모든 게
君の名前、眼差し、口調まで全てが
 
さらんへっとん きおく まうむ きぷすっき
사랑했던 기억 마음 깊숙이
愛していた思い出、気持ち、深くに
 
むどどぅるれ じゃよんすれ
묻어둘래 자연스레
くっついている 自然に
 
 
 
I did it all with a smile on my face
 
ね きおげ さらじん ふんじょくどぅり
내 기억에 사라진 흔적들이
僕の記憶に消えた痕跡たちが
 
なえげ たし どらおるっかぼぁ
나에게 다시 돌아올까봐
僕の元にまた戻ってきそうで
 
うすみょ たし どるりょぼねるけ
웃으며 다시 돌려보낼게
笑顔でまた元に返すね
 
I did it all with a smile on my face
 
あむど あぱはじ あなど どぇ
아무도 아파하지 않아도 돼
誰も苦しまなくていい
 
もろじょがぬん のる ぶっちゃぷち あな 
멀어져가는 널 붙잡지 않아
遠ざかる君を引き留めない
 
 
なん うすみょ のる となぼね
난 웃으며 널 떠나보내
僕は笑顔で君から旅立って
 
With a smile on my face
 
 
 
うぉなんだみょん な いっするけ いっするけ
원한다면 나 있을게 있을게
望むなら僕はいるから いるから
 
よぎ いでろ な いっするけ ねが いっするけ
여기 이대로 나 있을게 내가 있을게
ここにこのまま僕はいるから 僕がいるから

Damege/EXO

Damege/EXO

 

 


EXO - 'Damage' Lyrics Color Coded [HAN/ROM/ENG]


Damage (damage)
Damage (damage)
Damage

 


のん むどむどまん おるぐるろ こじする っと ねべと
넌 무덤덤한 얼굴로 거짓을 또 내뱉어
君は何でもない顔で嘘をまた吐いた


た あるみょんそ なん まち すぷぐぁんちょろむ ふんどぅるりょ
다 알면서 난 마치 습관처럼 흔들려
全部知っていて僕はまるで習慣のように揺れる


すみ あん しゅぃおじょ ちゅおけ じょじょ
숨이 안 쉬어져 추억에 젖어
息が出来ない 思い出に浸り


と きぽじぬん ばんふぁん あぺ ね みどぅみ むのじょ
더 깊어지는 방황 앞에 내 믿음이 무너져
さらに深くなる彷徨の前に僕の信頼が崩れる

 

 

 

はん ぼね こじんまり なうん こじっ
한 번의 거짓말이 낳은 거짓
一度の嘘が生んだ偽り


おでぃっかじ のよんな
어디까지 너였나
どこまでが君なのか


はんすむまん けそく ぷもねふご いっそ
한숨만 계속 뿜어내고 있어
ため息ばかりずっと吐き出している


ぬなぺ ふりょじょが
눈앞이 흐려져가
目の前が曇っていく


おどぅうぉじん ぱめ もるげ
어두워진 밤에 모르게
暗くなった夜に知らずに


なるる たどるりどん げ
나를 따돌리던 게
僕を除け者にしてたのは


あくもんいらご ちぶはぎえん
악몽이라고 치부하기엔
悪夢だと思うには


ぶらに くっど おぷとん ぱむ
불안이 끝도 없던 밤
不安が尽きなかった夜

 

 


あむく そげ のん くんね なる けうぉ ぬぁ
암흑 속에 넌 끝내 날 깨워 놔
暗黒の中に君はついに僕を起こしておいて


ぼてょぼぁど た の ってむね
버텨봐도 다 너 때문에
耐えてみても全て君のせいで

 


  たちご っと たちげ へ
(You) 다치고 또 다치게 해
(You)傷ついて、また傷つく


た の ってむね  こじん
다 너 때문에 (You) 커진 damage
全て君のせいで(You)大きくなった damage


にが たんぎょ のうん ね しのたん(もどぅん すんがん)
네가 당겨 놓은 내 신호탄 (모든 순간)
君が引っ張った僕の信号弾(全ての瞬間)


どぇどるりぎえん のむ こじん
되돌리기엔 너무 커진 damage
元に戻すには大き過ぎる damage


   おぷちご っと どぷちん おどぅむ
(You) 엎치고 또 덮친 어둠
(You)伏せてまた襲い掛かる闇


た の ってむね  せんぎん
다 너 때문에 (You) 생긴 damage
全て君のせいで(You)生まれた damage


あちゃ しぷん く すんがん(あるげっちまん)
아차 싶은 그 순간 (알겠지만)
あれっと思ったあの瞬間(わかったけれど)


なん いみ もるり とな
난 이미 멀리 떠나
僕はもう遠くに離れて


Da-damage

 

 


Damage Damage Damage Damage


だくちょおる こや ふふぇが
닥쳐올 거야 후회가
迫ってて来るだろう後悔が


ね ばだくなん いんねるる ぼぁ
내 바닥난 인내를 봐
僕の底尽きた忍耐を見て


まるらぼりん きでわ ね うぃむがむど
말라버린 기대와 내 의무감도
乾いてしまった期待と僕に義務感も


くるご かるすろく っと きぽじん さんちょ
끌고 갈수록 또 깊어진 상처
引いて進むほど深くなる傷


となん ふえ のん ぬっきょ
떠난 후에 넌 느껴
離れた後に君は感じる


たぺぼぁ のど
답해봐 너도 uh
答えて見て君も uh

 

 


ひみはげ びちん うすめ かむちょじん
희미하게 비친 웃음에 감춰진
曖昧に浮かぶ笑みに隠された


のえ じんしむ いじぇん ね まみ
너의 진심 이젠 내 맘이 no no
君の本心今は僕の心が no no


ぶらなん おどぅみ すらじん きおぎ
불안한 어둠이 쓰라린 기억이
不安な闇が疼く記憶が


もらちぬん い ぱむ
몰아치는 이 밤
吹き荒ぶこの夜

 

 


ほんらん そげ のん くんね なる けうぉ のぁ
혼란 속에 넌 끝내 날 깨워 놔
混乱の中に君はついに僕を起こしておいて


ちゃまぼぁど た の ってむね
참아봐도 다 너 때문에
耐えて見ても全て君のせいで

 

 


  たちご っと たちげ へ
(You) 다치고 또 다치게 해
(You) 傷ついてまた傷つく


た の ってむね  こじん
다 너 때문에 (You) 커진 damage
全て君のせいで (You) 大きくなった damage


にが たんぎょ のうん ね しのたん(もどぅん すんがん)
네가 당겨 놓은 내 신호탄 (모든 순간)
君が引っ張った僕の信号弾(全ての瞬間)


どぇどるりぎえん のむ こじん
되돌리기엔 너무 커진 damage
元に戻すには大き過ぎる damage


   おぷちご っと どぷちん おどぅむ
(You) 엎치고 또 덮친 어둠
(You) 伏せては襲い掛かる闇


た の ってむね  せんぎん
다 너 때문에 (You) 생긴 damage
全て君のせいで (You) 生まれた damege


あちゃ しぷん く すんがん(あるげっちまん)
아차 싶은 그 순간 (알겠지만)
あれっと思った瞬間か(わかったけれど)


なん いみ もるり とな
난 이미 멀리 떠나
僕はすでに遠くに離れて


Da-damage

 

 

 

た くんなん いりん ごる どらがる す おぷすむる 
다 끝난 일인 걸 돌아갈 수 없음을 no no no
全て終わった事だと後戻り出来ない事を no no no


たるん ぬぐんがるる まんな さらんはる すまん いったみょん
다른 누군가를 만나 사랑할 수만 있다면 yeah
他の誰かに出会って愛する事ができるなら yeah


せんがっかみょん せんがっかるすろく
생각하면 생각할수록
考えれば考えるほど


ね まめ さんちょぬん と きぽじょ
내 맘의 상처는 더 깊어져 and I know
僕の心の傷はさらに深くなる and I know


ねげぬん っと たるん さらんうん おぷそ
내게는 또 다른 사랑은 없어
僕には他の愛はないと

 

 

 

EXO


た の ってむね
다 너 때문에
全て君のせいで

 

 

 

  たちご っと たちげ へ
(You) 다치고 또 다치게 해
(You) 傷ついてまた傷つく


た の ってむね  こじん
다 너 때문에 (You) 커진 damage
全て君のせいで (You) 大きくなる damage


にが たんぎょ のうん ね しのたん(もどぅん すんがん)
네가 당겨 놓은 내 신호탄 (모든 순간)
君が引っ張った僕の信号弾(全ての瞬間)


どぇどるりぎえん のむ こじん
되돌리기엔 너무 커진 damage
元に戻すには大きすぎる damage


   きょぷちご っと きょぷちん おどぅむ
(You) 겹치고 또 겹친 어둠
(You)重なってもまた重なる闇


た の ってむね   せんぎん
다 너 때문에 (You) 생긴 damage
全て君のせいで(You) 生まれた damage


きょるぐく なよったぬん ごる (あるげっちまん)
결국 나였다는 걸 (알겠지만)
結局僕だったと(わかったけれど)


なん いみ もるり とな
난 이미 멀리 떠나
僕はすでに遠くに離れて


Da-damage

 


Damage Damage Damage Damage
Damage Damage Damage Damage


もるり とな もるり とな
멀리 떠나 멀리 떠나
遠くに行って 遠くに行って


Da-Damage