kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

영원+1(Forever+1)(Prod,NELL)/Wanna One (Lean On Me)


Wanna One Go [최초 공개] 린온미 - ′영원+1′ @X-CON 180604 EP.21

영원+1(Forever+1)(Prod,NELL)/Wanna One (Lean On Me)

 


くでん あるご いっするかよ いろん ね まむりょ
그댄 알고 있을까요 이런 내 맘을요
君は知っているかな こんな僕の気持ちを

 

のむ へんぼっかだ もって するぽじりょ へよ
너무 행복하다 못해 슬퍼지려 해요
とても幸せだったのに、悲しくなりそうです

 

あろなみょん た さらじょぼりる
일어나면 다 사라져버릴
目が覚めたら全て消えてしまう

 

くろん くむん あにん ごるっか くろん ごん あにるか
그런 꿈은 아닌 걸까 그런 건 아닐까
そんな夢じゃないんじゃないか そうじゃないのか

 

よんうぉなみょん ちょうりょまん くろる すん おぷするっか
영원하면 좋으련만 그럴 순 없을까
永遠ならいいけれど、そうはいかないのか

 

おれん きだりむ ちゃるばっとん まんなむ
오랜 기다림 짧았던 만남
長い時間待って、短かった逢瀬

 

きおっかるけ のる
기억할게 널
覚えているね 君を

 

ちぐめ うりる
지금의 우릴
今の僕らを

 

なえ まむそげ せぎょ のうるけ
나의 맘속에 새겨 놓을게
僕の心の中に刻んでおくね

 

Oh I love you
And I will love you

 

よんうぉんぼだ たく はるまん と
영원보다 딱 하루만 더
永遠よりももう一日だけ

 

きおっけじょ なる
기억해줘 날
覚えていてね僕を

 

ちぐむ い のれる
지금 이 노랠
今この歌を

 

おじく のまぬる うぃはん い のれる
오직 너만을 위한 이 노랠
ただ君だけの為のこの歌を

 

Oh I love you
And I will love you

 

よんうぉんぼだ たく はるまん と
영원보다 딱 하루만 더
永遠よりももう一日だけ

 

くぇな おれん しがん どんあん きだりょわっちょ
꽤나 오랜 시간 동안 기다려왔죠
とても長い時間待っていたんだ

 

ほんじゃ するぽへっとん きおく いじぇん くぇんちゃなよ
혼자 슬퍼했던 기억 이젠 괜찮아요
一人悲しんでいた思い出も今は大丈夫

 

くでる まんなりょ くれっとん ごにか
그댈 만나려 그랬던 거니까
君に出会うために、そう過ごしてきたんだから

 

まんなじょっすにか
만나졌으니까
出会ったから

 

きおっかるけ のる
기억할게 널
覚えているね君を

 

ちぐめ うりる
지금의 우릴
今の僕らを

 

なえ まむそげ せぎょ のうるけ
나의 맘속에 새겨 놓을게
僕の心の中に刻んでおくね

 

Oh I love you
And I will love you

 

よんうぉんぼだ たく はるまん と
영원보다 딱 하루만 더
永遠よりももう一日だけ

 

きおっけじょ なる
기억해줘 날
覚えていてね僕を

 

ちぐむ い のれる
지금 이 노랠
今この歌を

 

おじく のまぬる うぃはん い のれる
오직 너만을 위한 이 노랠
ただ君だけの為のこの歌を

 

Oh I love you
And I will love you

 

よんうぉんぼだ たく はるまん と
영원보다 딱 하루만 더
永遠よりももう一日だけ

 

ふるろがぬん しがん そげ もろじょ ぼりじ あんけ
흘러가는 시간 속에 멀어져 버리지 않게
流れていく時間の中で遠ざかってしまわないように

 

どまんちょぼりじ あんけ
(도망쳐버리지 않게)
(逃げて行ってしまわないように)

 

ねが こく ぶっちゃっこ いっするけ(いろっけ)
내가 꼭 붙잡고 있을게 (이렇게)
僕がぎゅっと握っているから(こんな風に)

 

のっち あぬるけ
놓지 않을게
離さないね

 

きおっかるけ のる
기억할게 널
覚えているね君を

 

ちぐめ うりる (ちぐめ うりる)
지금의 우릴 (지금의 우릴)
今の僕らを(今の僕らを)

 

なえ まむそげ せぎょ のうるけ
나의 맘속에 새겨 놓을게
僕の心の中に刻んでおくね

 

Oh I love you (I love you)
And I will love you (I love you)

 

よんうぉんぼだ たく はるまん と
영원보다 딱 하루만 더
永遠よりももう一日だけ

 

じょんふぁっき たく はるまん と
정확히 딱 하루만 더
正確にもう一日だけ

 

きおっけじょ なる
기억해줘 날
覚えていてね僕を

 

ちぐむ い のれる
지금 이 노랠
今この歌を

 

おじく のまぬる うぃはん い のれる(のる うぃはん のれる)
오직 너만을 위한 이 노랠 (널 위한 노랠)
ただ君だけの為のこの歌を(君の為の歌を)

 

Oh I love you
And I will love you (I love you)

 

よんうぉんぼだ たく はるまん と
영원보다 딱 하루만 더
永遠よりももう一日だけ

 

よんうぉんぼだ たく はるまん と
영원보다 딱 하루만 더

永遠よりももう一日だけ

 

 

 

두근두근(DKDK)/fromis_9

 
두근두근(DKDK)/fromis_9
 
 
あむり かすみ とるりょど
아무리 가슴이 떨려도 
いくら胸が震えても
 
いろるす いんな しぽよ
이럴 수 있나 싶어요
こんなことあるのかと思うの
 
とぅでぃお わっちょ くなり
드디어 왔죠 그날이 
ついにやって来たのその日が
 
だるりょく かどぅく びょる どんぐらみ
달력 가득 별 동그라미
カレンダーいっぱいに星やマルが
 
よ みょちるん あむろん ちぷちゅんい
요 며칠은 아무런 집중이 
数日は何も集中が
 
あんどぇそ ほに なっそよ
안돼서 혼이 났어요
出来なくて怒られたの
 
こんぶへやじ はみょんそど
공부해야지 하면서도 
勉強しなきゃと思っても
 
のえ いるむろ なくそまん
너의 이름으로 낙서만
君の名前で落書きばかり
 
すり すり すり ますりや
수리 수리 수리 마수리야 
アブラカタブラ 魔法よ
 
しげ ばぬら ぬりげ くるる
시계 바늘아 느리게 구르르
時計の針を遅くしてクルル
 
びんぐる びんぐる べんぐる どらがぬん
빙글 빙글 뱅글 돌아가는 
グルグル回る
 
なるし ちょうん ね ちぐえそ
날씨 좋은 내 지구에서
天気のいい私の地球で
 
 
 
きぴるこ なぬん なぬん なん まりゃ
기필코 나는 나는 난 말야
必ず 私は 私は 私はね
 
はな どぅる はご そん ちゃぶる こや
하나 둘 하고 손 잡을 거야
1、2数えて手を握るの
 
せんがっかん すんがん ぱるげ てぃぬん ね めくばく
생각한 순간 빠르게 뛰는 내 맥박
考えた瞬間速く跳ねる私の脈拍
 
どぅぐん どぅぐん どぅぐん どぅぐん 
두근 두근 두근 두근
ドキドキ ドキドキ
 
どぅぐん どぅぐん どぅぐん どぅぐん 
두근 두근 두근 두근
ドキドキ ドキドキ
 
いまんくむ いまんくむ ちょあへ のるる
이만큼 이만큼 좋아해 너를
こんなに こんなに 好きなの君を
 
 
 
ろるらこすと たどぅっ なむ だるり なんり
롤러코스터 타듯 남 달리 난리 
ローラーコースターに乗ったように他の人より大騒ぎ
 
なじ のるる ぼご いっすみょん
나지 너를 보고 있으면
君を見ていると
 
ぬんぬなんな きぶん ちょうん ね まうむん
눈누난나 기분 좋은 내 마음은 
ルルララ 気分のいい私の心は
 
そりおぷし はむそん じるむ
소리없이 함성 지름
音もなく歓声を上げる
 
いるぶん いぶん のむ ぱるり かにか
1분 2분 너무 빨리 가니까 
1分2分ととても速く進むから
 
あしゅぃうぉ そくさんへ ちょんまる
아쉬워 속상해 정말
すごく悲しいの 本当に
 
うり おんま まるすめん ちゃむこでろ じゅむん こんで
우리 엄마 말씀엔 잠꼬대로 주문 건대
お母さんが言うには寝言で呪文を言うんだって
 
すり すり すり ますりや
수리 수리 수리 마수리야 
アブラカタブラ 魔法よ
 
しげ ばぬら ぬりげ くるる
시계 바늘아 느리게 구르르
時計の針を遅くして クルル
 
びんぐる びんぐる べんぐる どらがぬん
빙글 빙글 뱅글 돌아가는 
グルグル回る
 
なるし ちょうん ね ちぐえそ
날씨 좋은 내 지구에서
天気のいい私の地球で
 
 
 
きぴるこ なぬん なぬん なん まりゃ
기필코 나는 나는 난 말야
必ず 私は 私は 私はね
 
はな どぅる はご そん ちゃぶる こや
하나 둘 하고 손 잡을 거야
1、2数えて手を握るの
 
せんがっかん すんがん ぱるげ てぃぬん ね めくばく
생각한 순간 빠르게 뛰는 내 맥박
考えた瞬間から速く跳ねる私の脈拍
 
どぅぐん どぅぐん どぅぐん どぅぐん 
두근 두근 두근 두근
ドキドキ ドキドキ
 
どぅぐん どぅぐん どぅぐん どぅぐん 
두근 두근 두근 두근
ドキドキ ドキドキ
 
いまんくむ いまんくむ ちょあへ のるる
이만큼 이만큼 좋아해 너를
こんなにこんなに 好きなの君を
 
 
 
くじ ころそ ちべ かぬん きる
굳이 걸어서 집에 가는 길
敢えて歩いて 家に帰る道
 
へおじぎん いるじ のむ ぱるん こるみ
헤어지긴 이르지 너무 빠른 걸음이
別れるには至ってとても早い足取り
 
いれった と ちょれった な ちべ かんだ
이랬다 또 저랬다 나 집에 간다
ああだったこうだった 私は帰るね
 
ねいる ぼじゃ
내일 보자
明日会おう
 
 
のるる ちゃむ ちょあ ちょあはんだん まりゃ
너를 참 좋아 좋아한단 말야
君をすごく好きなの 好きなの
 
はな どぅる はみょん こじんまるちょろむ
하나 둘 하면 거짓말처럼
1、2数えたら嘘のように
 
さらじる ごっ がっとぅん ねいれ のん
사라질 것 같은 내일에 넌 
消えるような明日に君は
 
못 볼 것만 같아
会えなくなりそうで
 
みうぉ みうぉ みうぉ みうぉ
미워 미워 미워 미워
ひどい ひどい 
 
みうぉ みうぉ みうぉ みうぉ
미워 미워 미워 미워
ひどい ひどい
 
なん もるら なん もるら おぬるど のる きだりょ
난 몰라 난 몰라 오늘도 널 기다려
知らない 知らない 今日も君を待つの

11(Prod,Dinamic Duo)/Wanna One(남바완)

11(Prod,Dinamic Duo)/Wanna One(남바완)
 
 


뮤직뱅크 Music Bank - 11 - Wanna One(워너원) - 남바완 (ELEVEN - Wanna One - NO.1).20180608

 

[열よる(10)  일いる(1) 11を言う時に使う言葉ではありませんが、10と1を表す言葉なのと열일하다を掛けていると思われます(本当にそうなのかは知りませんが…)]

 

 

 

たどぅる のえげ かんへじら へ(ごへ)
다들 너에게 강해지라고 해 (고해)
皆君には強くなれと言う(と言う)
 
はむぶろ うぃじはじ まるらご へ (ごへ)
함부로 의지하지 말라고 해 (고해)
むやみに頼るなと言う(と言う)
 
ぼてぃご いった のもじりょご はる ってど
버티고 있다 넘어지려고 할 때도
堪えている 倒れそうになる時も
 
ちょるて そぬる ちゃぷち まるらご へ(ちゃぷち まるらご へ)
절대 손을 잡지 말라고 해 (잡지 말라고 해)
絶対手を掴むなと言う(掴むなと言う)
 
ねげん にが きでる おっけど いっこ
내겐 네가 기댈 어깨도 있고
僕には君が寄り掛かる肩もあって
 
あんぎる たとぅったん どぅんど いっそ
안길 따뜻한 등도 있어
抱きしめれば暖かい背中もある
 
しゅぃる よぷじゃりど いんぬんで のん もむっこりご いっそ
쉴 옆자리도 있는데 넌 머뭇거리고 있어
休む為の場所もあるのに君は躊躇っている
 
に ぴょに どぇ じゅる す いっこ
네 편이 돼 줄 수 있고
君の味方になれるし
 
めいる ちんちゃね じゅる す いんぬんで
매일 칭찬해 줄 수 있는데
毎日褒めてあげれるのに
 
うぇ まんそりご いっそ (まんそりご いっそ)
왜 망설이고 있어 (망설이고 있어)
どうして躊躇っているの(躊躇っている)
 
じゅきょじゅるけ のえ ぎょてそ
지켜줄게 너의 곁에서
守ってあげる 君の側で
 
あなじゅるけ のえ てぃえそ
안아줄게 너의 뒤에서
抱きしめてあげる 君の後ろで
 
はのぷし やけじょ いっとん のる うぃへ
한없이 약해져 있던 널 위해
限りなく弱くなっていた君の為に
 
もどぅん ごる た じゅるけ
모든 걸 다 줄게
全てをあげる
 
かっかい わ
가까이 와
こっちに来て
 
 
 
よじゅめ みょちな どぇ
요즘에 몇이나 돼
最近は何人もいる
 
た じゅげったぬん なむじゃ のる うぃへ
다 주겠다는 남자 널 위해
全部をあげると言う男、君の為に
 
おぬるど なぬん
오늘도 나는
今日も僕は
 
よりる よりる よりる へ
열일 열일 열일 해
懸命に働く
 
よりる よりる よりる へ
열일 열일 열일 해
懸命に働く
 
 
 
ちょんちょに ぬぬる かま うりん
천천히 눈을 감아 우린
ゆっくり目を閉じる僕らは
 
Hotter than a summer
 
きょうれど よるむちょろむ よるめん と よるむちょろむ
겨울에도 여름처럼 여름엔 더 여름처럼
冬でも夏のように、夏にはもっと夏のように
 
のん ちょるて ちゅうる いる おぷけっちまん
넌 절대 추울 일 없겠지만
君は絶対寒い日はないだろうけど
 
おする ぼそ のえ おっけ くて ころ
옷을 벗어 너의 어깨 끝에 걸어
服を脱いで君の肩の端に掛ける
 
きん もり さいろ せお なおぬん
긴 머리 사이로 새어 나오는
長い髪の間から漏れる
 
ぬん こ いぴ
눈, 코, 입이
目、鼻、口が
 
ねいる あちむ のえ うぇいくおぷ とき ぴりょ おぷそ
내일 아침 너의 웨이크업 톡이 필요 없어
明日の朝君の Wake up talkは必要ない
 
じょなぎるる ちゃむかん こぬぁ
전화기를 잠깐 꺼놔
携帯を少しの間切っていて
 
おぬる はる じなみょん のん なる ちんちゃなる こや
오늘 하루 지나면 넌 날 칭찬할 거야
今日一日が過ぎたら君は僕を褒めるだろう
 
のん なるる おじろっけ へ
넌 나를 어지럽게 해
君は僕をくらくらさせる
 
おじろっぴご しぷけ へ
어지럽히고 싶게 해
くらくらさせたくなる
 
じきょじゅるけ のえ ぎょてそ
지켜줄게 너의 곁에서
守ってあげるね君の側で
 
あなじゅるけ のえ てぃえそ
안아줄게 너의 뒤에서
抱きしめてあげるね君の後ろで
 
はのぷし やっけじょ いっとん のる うぃへ
한없이 약해져 있던 널 위해
限りなく弱くなった君の為に
 
もどぅん ごる た じゅるけ
모든 걸 다 줄게
全てをあげるね
 
かっかい わ
가까이 와
こっちに来て
 
 
 
 
よじゅめ みょちな どぇ
요즘에 몇이나 돼
最近は何人もいる
 
た じゅげったぬん なむじゃ のる うぃへ
다 주겠다는 남자 널 위해
全部をあげると言う男が 君の為に
 
おぬるど なぬん
오늘도 나
今日も僕は
 
よりる よりる よりる へ
열일 열일 열일 해
懸命に働く
 
よりる よりる よりる へ
열일 열일 열일 해
懸命に働く
 
ねげ きでぼぁ ね あぺそん せん ちょく まるご
내게 기대봐 내 앞에선 센 척 말고
僕に寄り掛かってみて 僕の前では強いふりをせ
ずに
 
そるちっかん いぇぎる へぼぁ
솔직한 얘길 해봐
正直な話をしてみて
 
いじぇん た ねが た ばだじゅるけ
이젠 다 내가 다 받아줄게
もう僕が受け止めてあげるから
 
のぬん えちょろむ ちでぼぁ
너는 애처럼 치대봐
君は子供のようにふるまってみて
 
よりる へった ねげ たく ぶとそ しゅぃお
열일 했다 내게 딱 붙어서 쉬어
懸命に働いた僕にくっついて休んで
 
なん のまね こちでや
난 너만의 거치대야
僕は君だけの置き場だ
 
に きでがむる ちぇうぉじゅる みれや
네 기대감을 채워줄 미래야
君の期待感を満たしてあげる未来
 
ねげ きでぼぁ ね あぱそん せん ちょく まるご
내게 기대봐 내 앞에선 센 척 말고
僕に寄り掛かってみて 僕の前では強いふりせず
 
そるちっかん いぇぎる へぼぁ
솔직한 얘길 해봐
正直な話をしていて
 
いじぇん た ねが た ぱだじゅるけ
이젠 다 내가 다 받아줄게
もう僕が受け止めてあげるよ
 
のぬん えちょろむ ちでぼぁ
너는 애처럼 치대봐
君は子供のように振舞ってみて
 
よりる へった ねげ たく ぶとそ しゅぃお
열일 했다 내게 딱 붙어서 쉬어
懸命に働いた僕にくっついて休んで
 
なん のまね こちでや
난 너만의 거치대야
僕は君だけの置き場だよ
 
に きがむる ちぇうぉじゅる みれや
네 기대감을 채워줄 미래야
君の期待感を満たしてあげる未来
 
じゅきょじゅるけ のえ ぎょてそ
지켜줄게 너의 곁에서
守ってあげる 君の側で
 
あなじゅるけ のえ てぃえそ
안아줄게 너의 뒤에서
抱きしめてあげるね君の後ろで
 
はのぷし やけじょ いっとん のる うぃへ
한없이 약해져 있던 널 위해
限りなく弱くなった君の為に
 
もどぅん ごる た じゅるけ
모든 걸 다 줄게
全てをあげる
 
かっかい わ
가까이 와
こっちに来て
 
 
 
よじゅめ みょちな どぇ
요즘에 몇이나 돼
最近は何人もいる
 
た じゅげったぬん なむじゃ のる うぃへ
다 주겠다는 남자 널 위해
全部をあげると言う男が 君の為に
 
おぬるど なぬん
오늘도 나는
今日も僕は
 
よりる よりる よりる へ
열일 열일 열일 해
懸命に働く
 
よりる よりる よりる へ
열일 열일 열일 해
懸命に働く
 
よじゅめ みょちな どぇ
요즘에 몇이나 돼
最近は何人もいる
 
た じゅげったぬん なむじゃ のる うぃへ
다 주겠다는 남자 널 위해
全部をあげると言う男が君の為に
 
おぬるど なぬん
오늘도 나는
今日も僕は
 
よりる よりる よりる へ
열일 열일 열일 해
懸命に働く
 
 

모래시계(Hourglass)(Prod,Heize)/Wanna One(The Heal)

모래시계(Hourglass)(Prod,Heize)/Wanna One(The Heal)
 
 
まち よんうぉなる ごんまん がったっとん
마치 영원할 것만 같았던
まるで永遠だと思っていた
 
うり ちょうみ とおるら
우리 처음이 떠올라
僕ら初めて会った時を思い出す
 
のえ よじょなん ぬんびちゅん
너의 여전한 눈빛은
君の変わらない眼差し
 
たがおん いびょるる
다가온 이별을
近づく別れを
 
なっかじど ぬんち もっ ちぇげ へ
나까지도 눈치 못 채게 해
僕までも気が付かないようにして
 
ねが もんじょ のえ そんちゃばのっこ
내가 먼저 너의 손잡아놓고
僕がまず君の手を握っておいて
 
かや はんだ まらみょん のん どでちぇ
가야 한다 말하면 넌 도대체
行かないといけないと言ったら君は一体
 
おっとん まみるか たし おる こらん まる
어떤 맘일까 다시 올 거란 말
どんな気持ちだろうか また来るという言葉
 
ねが のよった へど
내가 너였다 해도
僕が君だったとしても
 
みっきじ あぬる ごっ がっとぅんで
믿기지 않을 것 같은데
信じられないと思うけど
 
 
い もれが とろじょど
이 모래가 떨어져도
この砂が落ちても
 
しがに じゅろどぅろど
시간이 줄어들어도
時間が少なくなっても
 
どぇどるりる す おぷてど
되돌릴 수 없대도 
元に戻れなくても
 
It's okay okay
 
もれが た とろじご
모래가 다 떨어지고
砂が全部落ちて
 
しげが もむちょぼりょど
시계가 멈춰버려도
時計が止まってしまっても
 
さよがん ちゅおくまぬん ね ぎょて ぎょて
쌓여간 추억만은 네 곁에 곁에
積み重ねた思い出だけは君のそばに、そばに
 
 
 
  のむ するぽはじ ま
Baby 너무 슬퍼하지 마
Baby そんなに悲しまないで
 
うり いびょるん ちゃむしぷにん ごや
우리 이별은 잠시뿐인 거야
僕らの別れは少しの間だけだから
 
I promise that I’ll come back to you
 
こっちょん ま
걱정 마 
心配しないで
 
 
もれあるどぅれ ぬんむり たうみょん ぐどぼりょそ
모래알들에 눈물이 닿으면 굳어버려서
砂の粒に涙が触れたら固まってしまって
 
たし まんなる す おぷけ どぇる すど
다시 만날 수 없게 될 수도
二度と会えなくなるかもしれない
 
So baby don’t let yourself cry
 
となご しぷち あな のる いるこ しぷち あな
떠나고 싶지 않아 널 잃고 싶지 않아
離れたくない 君を失いたくない
 
ちぐむ い しがんど けそけ もろじょまん が
지금 이 시간도 계속해 멀어져만 가
今この時間も ずっと遠ざかっていく
 
ちょちむる ぶっちゃばど きょるぐく くち なげっち
초침을 붙잡아봐도 결국 끝이 나겠지
秒針を掴んでみても結局終わりはやってくる
 
はじまん じょんちゃぎょっぐぁ ちゅるばりょぐん がっとぅん ごる
하지만 종착역과 출발역은 같은 걸
だけど終着駅と始発駅は同じなんだ
 
うりん たし まんなる うんみょん
우린 다시 만날 운명
僕らはまた出会う運命
 
 
い もれが とろじょど
이 모래가 떨어져도
この砂が落ちて
 
しがに じゅろどぅろど
시간이 줄어들어도
時間が少なくなっても
 
どぇどるりる す おぷてど
되돌릴 수 없대도 
元に戻れないとしても
 
It's okay okay
 
もれが た とろじご 
모래가 다 떨어지고
砂が全部落ちて
 
しげが もむちょぼりょど
시계가 멈춰버려도
時計が止まってしまっても
 
さよがん ちゅおくまぬん に ぎょて ぎょて
쌓여간 추억만은 네 곁에 곁에
積み重ねた思い出だけは君の側に、そばに
 
 
 
ちゃむ こまうぉ に きおくどぅるん 
참 고마워 네 기억들은
本当にありがとう 君の思い出は
 
なる うっけまん へ ちゃる じねぼるけ
날 웃게만 해 잘 지내볼게
私を笑顔にさせる 元気でいるね
 
など と なうん さらみ どぇお どらおるけ
나도 더 나은 사람이 되어 돌아올게
私ももっといい人になって戻ってくるね
 
 
い もれが とろじょど
이 모래가 떨어져도
この砂が落ちても
 
しがに じゅろどぅろど
시간이 줄어들어도
時間が少なくなっても
 
どぇどるりる す おぷてど
되돌릴 수 없대도 
元に戻れなくても
 
It's okay okay
 
もれが た とろじご
모래가 다 떨어지고
砂が全部落ちて
 
しげが もむちょぼりょど
시계가 멈춰버려도
時計が止まてしまっても
 
さよがん ちゅおくまぬん に ぎょて ぎょて
쌓여간 추억만은 네 곁에 곁에
積み重ねた思い出だけは君の側に、側に
 
 
When I see you again
 
たし てぃじぶん もれしげが
다시 뒤집은 모래시계가
またひっくり返した砂時計が
 
せろ しじゃっかる て
새로 시작할 때
新しく始まる時
 
くってど うりん はむけいる こや
그때도 우린 함께일 거야
その時も僕らは一緒にいるはずだよ
 
When I see you again
 
たし てぃじぶん もれしげが
다시 뒤집은 모래시계가
またひっくり返す砂時計が
 
せろ しじゃっかる て
새로 시작할 때
新しく始まる時
 
くってど うりん はむけいる こや
그때도 우린 함께일 거야
その時も僕らは一緒にいるはずだよ

켜줘(Light)/Wanna One

켜줘(Light)/Wanna One
 
いぶるちょろむ なる どぽ
이불처럼 나를 덮어 Yeah Yeah
布団のように僕を覆って Yeah Yeah
 
くち おんぬん きぷむる かじょ
끝이 없는 기쁨을 가져 Yeah Yeah
終わりのない喜びをもって Yeah Yeah
 
のえ いぷすり かっかうる って
너의 입술이 가까울 때
君の唇が近づくとき
 
しむじゃんい じゃっく もじゅるどぅて
심장이 자꾸 멎을듯해
心臓が何度も止まったように
 
おっちょんじ おぬる のるる ぼる って な
어쩐지 오늘 너를 볼 때 나
どうしてか今日、君を見る時僕は
 
いくすっかむぼだん そるれみ と こ
익숙함보단 설렘이 더 커
慣れよりもトキメキが大きい
 
いろんじょろん まるろ そるみょんはじ あぬるけ
이런저런 말로 설명하지 않을게
あれこれ言葉で説明はしない
 
ほくしな まるろん た ぼいじ あぬるっか ぼぁ
혹시나 말론 다 보이지 않을까 봐
もしかして言葉では全部見えないかもしれない
 
くじょ なえ そんばだぎ のえ そぬる
그저 나의 손바닥이 너의 손을
ただ僕の掌が 君の手を
 
かむさる ってちょろむ たとぅったぎるる ばれ
감쌀 때처럼 따뜻하기를 바래
包む時のように暖かいことを祈る
 
 
 
いぶるちょろむ なるる どぽ
이불처럼 나를 덮어 Yeah Yeah
布団のように僕を覆って Yeah Yeah
 
くち おんぬん きぷむる かじょ
끝이 없는 기쁨을 가져 Yeah Yeah
終わりのない喜びをもって Yeah Yeah
 
あちめ ぬん とぅぎ しじゃっかる てぷと
아침에 눈 뜨기 시작할 때부터
朝に目を開けた時から
 
のまん せんがっけ ね まみ ぼくちゃおるら
너만 생각해 내 맘이 벅차올라 Ay
君だけを考える 僕の心が膨らむ Ay
 
ぬに かむぎる って ね ぱり ね もりるる かむさ
눈이 감길 때 내 팔이 네 머리를 감싸
目を閉じる時 僕の腕が君の頭を包む
 
のる ばっちご しぽ な
널 받치고 싶어 나 Ay
君を支えたい僕 Ay
 
 
 
Do you feel the same?
 
ちぐむ  ね ぼとぅぬる きょじょ
지금 Push 내 버튼을 켜줘
今 Push 僕のボタンを付けて
 
Do you feel the same?
 
びち どぇお のん なる と ばるきょじょ
빛이 되어 넌 날 더 밝혀줘
光になった君は僕をもっと照らして
 
Do you feel the same?
 
ちぐむ  ね ぼとぅぬる きょじょ
지금 Push 내 버튼을 켜줘
今 Push 僕のボタンをつけて
 
Do you feel the same?
 
びち どぇお のん なる と ばるきょじょ
빛이 되어 넌 날 더 밝혀줘
光になった君は僕をもっと照らして
 
Crazy
 
 
いろんじょろん まるろ そるみょんはじ あぬるけ
이런저런 말로 설명하지 않을게
あれこれ言葉で説明はしない
 
ほくしな まるろん た ぼいじ あぬるっか ぼぁ
혹시나 말론 다 보이지 않을까 봐
もしかして言葉では全てが見えないかと思って
 
くじょ なえ そんばだぎ のえ そぬる
그저 나의 손바닥이 너의 손을
ただ僕の掌が君の手を
 
かむさる てちょろむ たとぅったぎるる ばれ
감쌀 때처럼 따뜻하기를 바래
包む時のように暖かいことを祈る
 
 
 
いぶるちょろむ なるる どぽ
이불처럼 나를 덮어 Yeah Yeah
布団のように僕を覆って Yeah Yeah
 
くち おんぬん きぷむる かじょ
끝이 없는 기쁨을 가져 Yeah Yeah
終わりのない喜びをもって Yeah Yeah
 
そんかくち きご せびょぐる こんのおん
손깍지 끼고 새벽을 건너온
手を組んで夜中を渡ってくる
 
めいる あちみ のよっすみょん ちょっけっそ
매일 아침이 너였음 좋겠어
毎日の朝が君だったらいいのに
 
  しがに あっかうぉ
Uh 시간이 아까워
Uh 時間が惜しい
 
ちぇうぉじゅご っと なぬぉじゅる け のむ まな
채워주고 또 나눠줄 게 너무 많아
満たしてあげて また分けてあげるのがとても多
 
 
 
Do you feel the same?
 
ちぐむ  ね ぼとぅぬる きょじょ
지금 Push 내 버튼을 켜줘
今 Push 僕のボタンをつけて
 
Do you feel the same?
 
びち どぇお のん なる と ばるきょじょ
빛이 되어 넌 날 더 밝혀줘
光のなった君は僕をもっと照らして
 
ねが ちぇうるけ のえ
내가 채울게 너의
僕が満たすね君の
 
まうむそくかじ ごい
마음속까지 거의
心の中まで 大体の
 
びん ごし おぷそじる てかじ
빈 곳이 없어질 때까지
空いた場所が無くなる時まで
 
Yeah Yeah Yeah Yeah
 
なえ おんぎが のる
나의 온기가 널
僕のぬくもりが君を
 
ちょぐむしく むるどぅりょ
조금씩 물들여
少しずつ染まる
 
そろ じなげ ぼんじょが と
서로 진하게 번져가 더
お互いが濃く染まっていく
 
Yeah Yeah Yeah Yeah
 
にが いぇっぽそ くれ(くれ)
네가 예뻐서 그래 (그래)
君が綺麗だから(そうなんだ)
 
にが いぇっぽそ くれ(くれ)
네가 예뻐서 그래 (그래)
君が綺麗だから(そうなんだ)
 
かむじょんい じょじょり あんどぇぬん ごん
감정이 조절이 안되는 건
感情が調節できないんだ
 
にが のむ ちょあそ くれ(くれ)
네가 너무 좋아서 그래 (그래)
君がとても好きだから(そうなんだ)
 
ね まり こじんまる がって
내 말이 거짓말 같애
僕の言葉が嘘みたいだ
 
なん ちぐみ こじんまる がって
난 지금이 거짓말 같애
僕は今が嘘みたいだ
 
のまに なる まんどぅろ
너만이 날 만들어
君だけが僕を作る
 
まんどぅん ごん じょんぶ ね ごっ
만든 건 전부 네 것
作った物は全部君のもの
 
Do you feel the same?
 
ちぐむ  ね ぼとぅぬる きょじょ
지금 Push 내 버튼을 켜줘
今 Push 僕のボタンをつけて
 
Do you feel the same?
 
びち どぇお のん なる と ばるきょじょ
빛이 되어 넌 날 더 밝혀줘
光になった君が僕をもっと照らして
 
ねが ちぇうるけ のえ
내가 채울게 너의
僕が満たすよ 君の
 
まうむそくかじ ごい
마음속까지 거의
心の中まで あらかた
 
びん ごし おぷそじる てかじ
빈 곳이 없어질 때까지
空いた場所が無くなる時まで
 
Yeah Yeah Yeah Yeah
 
なえ おんぎが のる
나의 온기가 널
僕のぬくもりが君を
 
ちょぐむしく むるどぅりょ
조금씩 물들여
少しずつ染める
 
そろ じなげ ぼんじょが と
서로 진하게 번져가 더
互いに濃く染まっていく
 
Yeah Yeah Yeah Yeah
 
Do you feel the same?
 
おぬるたら と
오늘따라 더
今日に限ってもっと
 
Yeah Yeah Yeah Yeah Uh
 
Do you feel the same?
 
おぬるたら と のん なるる ばるきょじょ
오늘따라 더 넌 나를 밝혀줘
今日に限ってもっと君は僕を照らして
 

데리러 가(Good Evening)/SHINee

데리러 가(Good Evening)/SHINee


SHINee 샤이니 '데리러 가 (Good Evening)' MV


SHINee 샤이니 Comeback Stage '데리러 가 (Good Evening)' KBS MUSIC BANK 2018.06.01

 

ぽぐなん おどぅみ っと ちょ もるり めむどるご いっちゃんに ちょぐむしく
포근한 어둠이 또 저 멀리 맴돌고 있잖니 조금씩
柔らかい暗闇がまた あの遠くでぐるぐるしているじゃないか 少しずつ


びるでぃんえ ごるりん のうる くっじゃらけ のるる とおるりょ
빌딩에 걸린 노을 끝자락에 너를 떠올려
ビルに掛かった夕焼けの端に君が浮かぶ


おどぅむる あぷじるろ い ぱむる よろ ねが と もんじょ
어둠을 앞질러 이 밤을 열어 내가 더 먼저
暗闇を追い越してこの夜を開く 君が最初に


のる まんなご しぷん ごる ちぐむ なん
널 만나고 싶은 걸 지금 난 Oh
君に会いたいんだ 今僕は Oh

 


だるっびっ ちゃおるら のむ ぬっき じょね のるる でりろ が
* 달빛 차올라 너무 늦기 전에 너를 데리러 가
月明かりが浮かんで 遅くなる前に君を迎えに行く


かむちゃく のるらる のるる せんがっかみょ ちぐむ でりろ が
깜짝 놀랄 너를 생각하며 지금 데리러 가
驚く君を想像して 今迎えに行く


でりろ が でりろ が たるん いゆ はな おぷし でりろ が
데리러 가 데리러 가 다른 이유 하나 없이 데리러 가
迎えに行く 迎えに行く 他に理由はない 迎えに行く

 

 

 い ぱむる あぷじりろ のるる でりろ が
** 이 밤을 앞질러 너를 데리러 가
この夜を追い越す 君を迎えに行く


ほくし の まぎょに なる なる なる
혹시 너 막연히 날 날 날
もしかして君は もし僕を僕を僕を


とおるりるっか ぼぁ ちぐむ ねが ねが ねげろ が
떠올릴까 봐 지금 내가 내가 네게로 가
思い出すかな 今僕が 僕が 君の元へ行く


ほんじゃそん くりうる ぱむ ぱむ ぱむ
혼자선 그리울 밤 밤 밤
一人では恋しい 夜 夜 夜


きょんでぃぎ しろ ちぐむ のるる のるる でりろ が
견디기 싫어 지금 너를 너를 데리러 가
堪えるのは嫌だ 今君を 君を迎えに行く

 

 


じょむじょむ と ちゃおるん かっぷん すみ のわ ね さいるる じょぴじ
점점 더 차오른 가쁜 숨이 너와 내 사이를 좁히지
少しずつ上がる息苦しさが 君と僕の間を狭くする


ぼご しぷたん に はん までぃが
보고 싶단 네 한 마디가
会いたいと言う君の一言が


ね まむる ちょぐっぱげ へ じょむ と そくどるる のっぴょ
내 맘을 조급하게 해 좀 더 속도를 높여
僕の心を急かす もう少し速度を上げて

 

なん ちゃんがえ ぴちょろむ とぅみょんひ めじょ びんなご いっそ
난 창가의 비처럼 투명히 맺혀 빛나고 있어
僕は窓際の雨のように 透明な露になり輝いている


すむ かっぷん いぇぎどぅるど もどぅ た
숨 가쁜 얘기들도 모두 다 Oh
息の上がる話も全部 Oh


なん はん ごるむ と たががるすろく
난 한 걸음 더 다가갈수록
僕はもう一歩近づくように


おん せさん もどぅん げ た のろ びょね が
온 세상 모든 게 다 너로 변해 가
世界中の全てが君に変わっていく


なん もんじょ あるご しぽ に もどぅん すんがん ちょ だるびっぼだ
난 먼저 알고 싶어 네 모든 순간 저 달빛보다
僕は先に知りたい 君の全ての瞬間 あの月明かりよりも


I can feel we’re looking at each other through this door
Let’s see… You’re eyes nose lips cheek


ちょ ちょ はぬる うぃぼだ と と もるり めむどるらど
저 저 하늘 위보다 더 더 멀리 맴돌더라도
あの空の上よりも もっと遠くでぐるぐるしていたとしても


くるめ ね まむ なるりょ ふぃふぁんちゃん だるぐぁ はむけ びちぬん ぱむ
구름에 내 맘 날려 휘황찬 달과 함께 비치는 밤
雲が僕の気持ちを飛ばして 眩い月と一緒に映る夜

 

 


だるっびっ ちゃおるら のむ ぬっき じょね のるる でりろ が
* 달빛 차올라 너무 늦기 전에 너를 데리러 가
月明かりが浮かんで 遅くなる前に君を迎えに行く


かむちゃく のるらる のるる せんがっかみょ ちぐむ でりろ が
깜짝 놀랄 너를 생각하며 지금 데리러 가
驚く君を想像して 今迎えに行く


でりろ が でりろ が たるん いゆ はな おぷし でりろ が
데리러 가 데리러 가 다른 이유 하나 없이 데리러 가
迎えに行く 迎えに行く 他に理由はない 迎えに行く


 い ぱむる あぷじりろ のるる でりろ が
** 이 밤을 앞질러 너를 데리러 가
この夜を追い越す 君を迎えに行く


ほくし の まぎょに なる なる なる
혹시 너 막연히 날 날 날
もしかして君は もし僕を僕を僕を


とおるりるっか ぼぁ ちぐむ ねが ねが ねげろ が
떠올릴까 봐 지금 내가 내가 네게로 가
思い出すかな 今僕が 僕が 君の元へ行く


ほんじゃそん くりうる ぱむ ぱむ ぱむ
혼자선 그리울 밤 밤 밤
一人では恋しい 夜 夜 夜


きょんでぃぎ しろ ちぐむ のるる のるる でりろ が
견디기 싫어 지금 너를 너를 데리러 가
堪えるのは嫌だ 今君を 君を迎えに行く

 

 


ちょぎ もるり ぼいぬん  ねげ ねげ ねげ ねげ
저기 멀리 보이는 Oh 네게 네게 네게 네게
あの遠くに見える Oh 君に君に君に君に君に


い ぱむる あぷじるろ ねが のるる のるる でりろ が
이 밤을 앞질러 내가 너를 너를 데리러 가
この夜を追い越して 僕が君を 君を迎えに行く

LA TA TA/(여자)아이들[(G)I-DLE]

LA TA TA/(여자)아이들[(G)I-DLE]

 

 


[MV] (G)I-DLE ((여자)아이들) _ LATATA


뮤직뱅크 Music Bank - LATATA - (여자)아이들 (LATATA - (G)I-DLE).20180601

きなぎん のわ い ぱむる のわ いろっけ のわ
기나긴 너와 이 밤을 너와 이렇게 너와
長いこの夜を こんな風に君と


きだりん のわ しがぬる のわ いろっけ のわ
기다린 너와 시간을 너와 이렇게 너와
待っていた時間を こんな風に君と

 

おどぅむ そく  しそぬん 
어둠 속 Red light 시선은 Left right
暗闇の中 Red light 視線は Left right

 

ぶる うぃるる こんな
불 위를 걷나
火の上を歩くの

 

しじゃげ じょむぁ かっかい おんだ ぬが むぉ こんな
시작의 점화 가까이 온다 누가 뭐 겁나
始まりは点火 近くに来る 誰が怖いの

 

 

 

  おでぃっかじ と きぴ ぱじょどぅるじ
Uh oh 어디까지 더 깊이 빠져들지
Uh oh どこまで もっと深く嵌まり込むのか

 

ちゅんどくどぇん ひゃんぎかじ くろっけ てぃそぎょぼりじ くれ
중독된 향기까지 그렇게 뒤섞여버리지 그래
中毒になった香りまでこんなに紛れてしまうの

 

と と ぶるてうぉ ぼりじげ
더 더 불태워 버려지게
もっと燃え上がってしまうように

 

ねいるん うりん おんぬん ごや の
내일은 우린 없는 거야 너
明日には私達はいないの

 

 

I love ya

のる うぃはん のれるる へ きぷけ と ぱじげ
널 위한 노래를 해 깊게 더 빠지게 Lata
君のための歌を歌う もっと深く嵌るように Lata

I love ya

のる うぃはん ちゅむる ちょ ねげ のる がっちげ
널 위한 춤을 춰 내게 널 갇히게 Lata
君のために踊るの 君を私に閉じ込められるように

I love ya

Latata latata latata latata
Latata latata latata latata

 

なる うぃはん ぶるろじょ ぴょんせん のる もっ いっけ
날 위해 불러줘 평생 널 못 잊게 Lata
私のために呼んでね 一生君を忘れられないように Lata

I love ya

I love ya
Every day every night latata

 

I love ya
Every day every night latata

 

      たがわ
Don’t be lazy 다가와 Baby
Don't be lazy 近づいて Baby

 

しがぬん のむ ちゃるっこ いごん あじ
시간은 너무 짧고 이건 아직 Basic
時間はとても短くてこれはまだBasic

 

じょむ と きぷん ごすろ と どぅろが なるる もぐむこ
좀 더 깊은 곳으로 더 들어가 나를 머금고
もう少し深い場所へ入って行く 私を飲み込んで

 

ちゅぃへど どぇ じゅんよち あな ねいり
취해도 돼 중요치 않아 내일이
酔ってもいい 明日は重要じゃない

 

あじゅ ふぁりょはん い ちゅむん らたた
아주 화려한 이 춤은 라따따
とても華麗なこの踊りは Latata

 

とぅごっけ ぶるてうる こや たたた
뜨겁게 불태울 거야 다다다
熱く燃えあがるの 全部

 

むぉ おりょうぉ た のる ぶろうぉへ
뭐 어려워 다 널 부러워해
何が難しいの 皆君をうらやましがる

 

ちょあ い ぱむる ぶるてうぉ
좋아 이 밤을 불태워
いいわ この夜を燃やして

Muah muah muah

 


  おでぃっかじ と くり なっぱじるじ
Uh oh 어디까지 더 그리 나빠질지
Uh oh どこまでそんな悪くなるのか

 

い ぱむん あちむかじ くろっけ と みちょぼりじ くれ
이 밤은 아침까지 그렇게 더 미쳐버리지 그래
今夜は朝まであんな風におかしくなるの

 

と と ぶるてうぉ ぼりょじげ
더 더 불태워 버려지게
もっと燃やしてしまうように

 

ねいるん うりん おんぬん ごや の
내일은 우린 없는 거야 너
明日は私たちにはないの

 

I love ya

 

のる うぃはん のれるる へ きぷけ と ぱじげ
널 위한 노래를 해 깊게 더 빠지게 Lata
君の為に歌うの もっと深く嵌るように Lata

 

I love ya

のる うぃはん ちゅむる ちょ ねげ のる がちけ
널 위한 춤을 춰 내게 널 갇히게 Lata
君の為に踊る 私に君を閉じ込める Lata

I love ya
Latata latata latata latata
Latata latata latata latata

 

なる うぃへ ぶるろじょ ぴょんせん のる もっ いっけ
날 위해 불러줘 평생 널 못 잊게 Lata
私のために歌ってね 一生君を忘れないように Lata

 

I love ya
I love ya

Every day every night latata

 

I love ya
Every day every night latata

 

きなぎん のわ いぱむる のわ いろっけ のわ
기나긴 너와 이 밤을 너와 이렇게 너와
長い子の夜を こんな風に君と

 

きだりん のわ しがぬる のわ いろっけ のわ
기다린 너와 시간을 너와 이렇게 너와
待っていた時間を こんな風に君と

 

おどぅむ そく  しそぬん
어둠 속 Red light 시선은 Left right
暗闇の中 Red light 視線は Left right

 

ぶる うぃるる こんな
불 위를 걷나
火の上を歩く

 

しじゃげ じょむぁ かっかい おんだ ぬが むぉ こんな
시작의 점화 가까이 온다 누가 뭐 겁나
始まりの点火 近づく 誰が怖いの

 

I love ya
Every day every night latata
I love ya
Every day every night latata