kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

Blue/Yerin Beak

スポンサードリンク

Blue/백예린

 

 

ぽなん かさちょろむ
뻔한 가사처럼
ありふれた歌詞のように


ぼすちゃんがえ きでお
버스창가에 기대어
バス停に寄り掛かり


ちゃる せんがっど なじ あんぬん かさるる くじょぎご
잘 생각도 나지 않는 가사를 끄적이고
よく思い出せもしない歌詞を書いて


じながぬん さらむどぅる はん ぼんしく ちょだぼみょんそ
지나가는 사람들 한 번씩 쳐다보면서
通り過ぎる人たちが一度ずつ見ながら


なぬん ほんじゃ
나는 혼자
私は1人

 

 

うよに ゆりちゃんえ びちん ね もすび
우연히 유리창에 비친 내 모습이
偶然ガラス窓に映る私の姿が


ゆなに もんな ぼいご と ちゃがまん ぼいね
유난히 못나 보이고 더 작아만 보이네
とりわけ愚かに見えてさらに小さく見える


なえ くろん もすべ どぅ ぬぬる じるくん かむご
나의 그런 모습에 두 눈을 질끈 감고
私のそんな姿に両目をぎゅっと閉じ


どぅっとん のれるる まじょ どぅろ
듣던 노래를 마저 들어
聞いていた歌をただ聞く

 

くろだ に せんがげ
그러다 니 생각에
そうして君を思って


ちゃがぷけ ぬっきょじどん
차갑게 느껴지던
冷たく感じていた


そく まうむ かどぅっき おんぎが ぽじご
속 마음 가득히 온기가 퍼지고
心の中がいっぱい暖かさが広がり


なん ほんじゃが あにらん く さしれ
난 혼자가 아니란 그 사실에
私は一人じゃないという事実に


にが いっすめ っと はん ぼん たし こまうむる ぬっきょ
니가 있음에 또 한 번 다시 고마움을 느껴
君がいることにもう一度ありがたさを感じる

 

 

 

ぬじゅん せびょくかじ
늦은 새벽까지
遅い夜中まで


ちゃみ ちゃる おじ あなそ
잠이 잘 오지 않아서
よく眠れなくて


ちゃる せんが ごぷし ぼいぬん ね どぅ ぬぬる びびご
잘 생각 없어 보이는 내 두 눈을 비비고
考えもなく見えた私の両目を擦って


すだまん ぴょんじる いるこ たし っと そ ねりょがみょ
쓰다만 편질 읽고 다시 또 써 내려가며
書いただけの手紙を読んでもう一度書いて


なぬん ほんじゃ
나는 혼자
私は1人

 

 

 

うよに ちゃんむぬぃろ びちん ね おるぐり
우연히 창문위로 비친 내 얼굴이
偶然ガラス窓に映った私の顔が


ゆなに ぴごね ぼいご と じちょ ぼいね
유난히 피곤해 보이고 더 지쳐 보이네
とりわけ疲れて見えて さらに疲れて見える


なえ くろん もすぶる ぴょんじえん たむぎが しろ
나의 그런 모습을 편지엔 담기가 싫어
私のそんな姿を手紙には込めたくはない


すどん まるる まじょ ちょご
쓰던 말을 마저 적어
書いていた言葉を残さず書いた

 

くろだ に せんがげ
그러다 니 생각에
そんな君を思って


ちゃがぷけ ぬっきょじどん
차갑게 느껴지던
冷たく感じていた


そく まうむ かどぅっき おんぎが ぽじご
속 마음 가득히 온기가 퍼지고
心の中いっぱい暖かさが広がり


なん ほんじゃが あにらん く さしれ
난 혼자가 아니란 그 사실에
私は一人じゃないという事実に


にが いっすめ っと はん ぼん たし こまうむる ぬっきょ
니가 있음에 또 한 번 다시 고마움을 느껴
君がいることにもう一度ありがたさを感じる

 

 

 

たし っと に せんがげ ありげ
다시 또 니 생각에 아리게
もう一度君を思ってちくりと


あぱおどん ね まうむ かどぅっき おんぎが ぽじご
아파오던 내 마음 가득히 온기가 퍼지고
傷んできた私の気持ちいっぱい暖かさが広がり


なん ほんじゃが あにらん く さしれ
난 혼자가 아니란 그 사실에
私は一人じゃないという事実に


にが いっすめ っと はん ぼん たし こまうむる ぬっきょ
니가 있음에 또 한 번 다시 고마움을 느껴
君がいることにもう一度ありがたさを感じた