kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ 更新通知tw @8812₋8812

韓国ドラマを真剣に見始めた [사랑의 불시착] 16

スポンサードリンク

 

 

[사랑의 불시착 16화]

 

 

 

とうとう最終回ㅠㅠㅠ

前回最後に命の危機に陥ったセリとクスンジュン(セリは撃たれた後に無理して敗血症、クスンジュンは撃たれた)

 

 

f:id:exolerry:20200311073740j:image

f:id:exolerry:20200311073720j:image

セリは医師の懸命な処置で心臓が動き出して、クスンジュンは救急車の中でソダンと話をして結局亡くなってしまった。(南と北の医療の進歩の違いが顕著に感じられる…)

 

 

救急車の中で、スンジュンは以前に気になっていた事をソダンに聞く(ラーメンを一緒に食べている時に言った好きはラーメンの事なのか違う意味なのか、自分の事を好きだといったのか)
ソダンは泣きながらスンジュンが好きだといったと伝える。そしてそのまま・・・(ソダンは不運すぎる…長く片思いしてた婚約者は他の人と恋人になり、改めて好きになった人は目の前で亡くなってしまう)

 

 

 

危険な状態だというセリの元には家族たちが次々にやって来る(処置でさえ全て見れるのどうなのこの病室)
その家族待機室ではずっと動かずにセリの様子を見ているジョンヒョク。
セリが目を覚ましても、セリの視界に入らないようにして情報院へ帰っていく。

 

f:id:exolerry:20200311073959j:image

ジョンヒョクたちのような送還対象者を、北にいる送還対象者と物々交換のように交換するのはどうかと言うジョンヒョクの父。
それにぶつぶつ文句を言う部長(前にジョンヒョクの写真持って脅してた)(パパの失脚をもくろんでる)
この部長はジョチョルガンと連絡を取ってて、ジョンヒョクのことと互いに秘密を守ろうと合意する。

 

 

セリの病室に母がやって来る。セリに、ジョンヒョクが北に移送されるのが決まったと伝える。しかも今。会いに行こうかと聞く母に、行かないと答える。最後の挨拶をはもう何回もした。もう話すことは無いと。
母はそんなセリにジョンヒョクがずっと側にいた事を伝える。

 

f:id:exolerry:20200311074023j:image

ジョンヒョクたちはバスで南北の繋がる道路の、分断線まで進む。

線を越えて北の人たちに引き渡されるけれど、その場で手錠を掛けられるジョンヒョクたち。

 

f:id:exolerry:20200311074045j:image
そこにセリが到着して、走り出す。南と北で互いに銃を向け合う中で抱きしめる二人(ちょっぴりしゅーる)

f:id:exolerry:20200311074101j:image

f:id:exolerry:20200311074120j:image

対面聴取の時に厳しい事を言ってごめん、自分も苦しかったと謝るジョンヒョク。切実に願えば会いたい人に会えるって言ってなかったか、会えるよというジョンヒョクㅠㅠㅠㅠ(号泣モード)
 

 

f:id:exolerry:20200311074141j:image
平壌に行って軍事裁判を受けるはずの6人は山の中で車を降りる。そこにあのパパを脅迫してた軍事部長がやって来る。両親や兄弟に迷惑かけないようにここで消えろと(!!!!!)

f:id:exolerry:20200311074150j:image

f:id:exolerry:20200311074205j:image
そこにパパ登場して全て見ていた、と部長を撃ち殺す(さすがぱぱこわい)

 

f:id:exolerry:20200311074222j:image

皆自分の場所へ戻る。マンボクさんは妻と子供のいる村へ、ジョンヒョクは母に会って(ジョンヒョクが戻って来なかったら自分もと手には毒薬ㅠㅠㅠ)

 


クスンジュンが亡くなってから廃人のようなソダン。心配する母と叔父さんに、復讐するという。
スンジュンを助けたブローカーに会い、スンジュンを死なせた集団はまだ北にいて、そこにお金を送り動かしてたのはセリの兄だと聞く。

 

f:id:exolerry:20200311074558j:image

セリの実家で、セヒョン(悪い兄)はセリに国家保安法違反だから弁護士ちゃんと選べとかまたくそみたいな事言ってると、兄と繋がってたブローカーが情報院の捜査員に連れられて入場。夫婦二人で手錠を掛けられて退場。

 

 

f:id:exolerry:20200311074613j:image

家に戻ったセリはジョンヒョクがあちこちに残した痕跡に涙。

f:id:exolerry:20200311074627j:image

そしてスマホにもジョンヒョクからのメッセージが。情報院にいるときに捜査員から使い方まで教えてもらって予約送信?1年使えるとか。

数日に一度、ジョンヒョクから来るメールを見て書いてある通りに実行するセリ。

おかげで食事もするし散歩もするし、健康的…。

 

 

f:id:exolerry:20200311074649j:image

北の村にソダンの母が登場。みんなに、ヨーロッパで買ったというセリスチョイスの限定品を渡す。
そこのパッケージには村のお母さんたちの絵とそれぞれの名前から取った商品名。それを見て元気にしてるんだと思い出す奥様がた。(妙に泣けたここ)

 

 

f:id:exolerry:20200311074731j:image

新婚用にと準備してたけど実際に住んだのはクスンジュンのアパートを引き払いに来たソダンと母。そこに残るスンジュンのジャケットを見て涙するソダン
ソダンの母はジョンヒョクの母に会い、結婚はしないと伝える。ソダンに好きな男が出来た。その男もソダンを自分の命より好きだって言うから、一度しかない人生だからと言う母(ㅠㅠㅠㅠㅠㅠ)

 

f:id:exolerry:20200311074749j:image

ソダンはジョンヒョクの家に来て、ここにジョンヒョクがいないときにスンジュンと来た。と言うと、彼がたくさん助けてくれた、どこにいるのかと聞くけれど、ソダンは遠くに旅立ったとだけ伝える。

f:id:exolerry:20200311074814j:image

そしてスイス旅行でジョンヒョクが使っていたカメラをこっそり持っていたソダン。その中にジョンヒョクが自分を見てくれない理由があるといったカメラの中にはセリの写真が(スイスで橋の上で偶然撮った写真)

 

f:id:exolerry:20200311075016j:image

ジョンヒョクから来るメールは季節が変わっても来て、セリの誕生日。エーデルワイスが咲く国で会おう、いつかは約束できないけれど互いが努力すれば運命が連れて行ってくれると。

 

 


ジョンヒョクの代わりにピョチスが中隊長になる。ジョンヒョクは国立交響楽団にピアノ演奏者として配置換え。

 

f:id:exolerry:20200311075603j:image

f:id:exolerry:20200311075540j:image

セリはスイスに何度も行っているがまだジョンヒョクには会えていない。パラグライダーに乗って不時着した場所にはジョンヒョクが。

 

 

 

エピローグではソダンはまたロシアに演奏に行って、ピョチスたちは市場でセリスチョイスの商品を見つけて。

マンボクは盗聴をやめて平壌へ。

セリは韓国で仕事をしながら2週間の休暇と言ってスイスへ。そこには勿論ジョンヒョクがいて、幸せそうに過ごす2人。

f:id:exolerry:20200311075508j:image

 

 

 

 

完全にバッドエンドだと思ってたけどめちゃくちゃ綺麗に治まって素晴しいㅠㅠ最終回は約2時間あって、最初の40分がハイライト過ぎて泣いて、残りは呆然としつつ見た(ジョンヒョクぱぱの声がカッコいい部長撃った時は衝撃だった)

とにかく評判どおりすごくいいドラマだった。ドッケビの時も感じたけど、きちんとしたストーリーの中にいろんな役柄の人がしっかり個性があって素晴しい。北の奥様方が出るシーンと、5中隊のシーン(南にいるときはプラスマンボク)のシーンが面白くて息抜きになる。セリとジョンヒョクの掛け合いも面白いけど、2人の関係が変わるに連れて真剣なシーンが増えるから。

 

 

とりあえず今年一年のお勧めはこれに決めた。すっごく楽しかった。次は何見ようかな~データ容量が怪しいから数日は休もう。何が面白いかな・・・