kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

가을 아침(Autumn Morning)/IU

スポンサードリンク

가을 아침/IU

 


[AUDIO] IU (이지은) - Autumn morning (가을 아침)

 


いるん あちむ ちゃぐん せどぅる のれっそり どぅりょおみょん
이른 아침 작은 새들 노랫소리 들려오면
早朝小さな鳥が歌う声が聞こえたら

 

おんじぇな くれっどぅっ あしゅぃぷけ ちゃむる けんだ
언제나 그랬듯 아쉽게 잠을 깬다
いつもそうだったように名残惜しく起きる

 

ちゃんむん はな へっさる かどぅく ぬんぶしげ びちょおご
창문 하나 햇살 가득 눈부시게 비쳐오고
窓ひとつ 日差しがいっぱいに眩しく照らして

 

そぬらん ねんぎえ ちぇちぇぎはるっか まるっか
서늘한 냉기에 재채기할까 말까
涼しい冷気にくしゃみをするかしないか

 

 


ぬん びびみょ ぺこみ ちゃんばくる ねだぼに
눈 비비며 빼꼼히 창밖을 내다보니
目を擦ってぽっかり窓の外を眺めると

 

さむさもお あいどぅるん ちぇじゃるでみょ はっきょ かご
삼삼오오 아이들은 재잘대며 학교 가고
三々五々子供たちはさえずって学校に行き

 

さんちぇく かった おしぬん あぼじえ やんそねぬん
산책 갔다 오시는 아버지의 양손에는
散歩に行って帰ってきた父さんの両手には

 

ひょがるる ある す おんぬん やくすが はな かどぅく
효과를 알 수 없는 약수가 하나 가득
効果のわからない薬水がいっぱいに

 

 

たるかたるかっ あちむ じんぬん おもにえ ぶんじゅはむぐぁ
딸각딸각 아침 짓는 어머니의 분주함과
カチャカチャ朝ごはんの準備をする母さんの忙しさと

 

おんぐむおんぐむ ねんす ちゃんぬん あどぅれ けうるみ
엉금엉금 냉수 찾는 그 아들의 게으름이
のそのそと水を探すその息子の無精さが

 

さんくまご けくったん あちめ ひゃんぎわ
상큼하고 깨끗한 아침의 향기와
爽やかできれいな朝の香りと

 

くすはげ ぱぷ とぅむどぅぬん ねむせが おうろじん
구수하게 밥 뜸드는 냄새가 어우러진
香ばしくご飯が蒸れる匂いが調和した

 


かうる あちむ ねげん ちょんまる こだらん きっぷみや
가을 아침 내겐 정말 커다란 기쁨이야
秋の朝 私には本当に大きな喜びなの

 

かうる あちむ ねげん ちょんまる こだらん へんぼぎや
가을 아침 내겐 정말 커다란 행복이야
秋の朝 私には本当に大きな幸せなの

 

うんそくまん ぶりょっとん ねげん
응석만 부렸던 내겐
ただ甘えていた私には

 

 

 

ぱらん はぬる ばらぼみょ こだらん すむる しゅぃに
파란 하늘 바라보며 커다란 숨을 쉬니
青い空を眺めて大きく息を吸うと

 

どぅのっぷん はぬるちょろむ ね まうむ ぴょねじね
드높은 하늘처럼 내 마음 편해지네
高い空のように私の心は楽になる

 

とん びん はぬる おんじぇ わんな こちゅちゃむじゃり はなが
텅 빈 하늘 언제 왔나 고추잠자리 하나가
空っぽの空 いつ来たのか赤とんぼ一匹が

 

ちゃむ どる けん どぅっ おんさんひ どろぎまん びいんびいん
잠 덜 깬 듯 엉성히 돌기만 비잉비잉
寝ぼけたような粗く回るだけ ブンブン

 


とだくとだく ぱるれはぬん おもにえ ぶんじゅはむぐぁ
토닥토닥 빨래하는 어머니의 분주함과
トントン洗濯する母さんの忙しさと

 

どんぎどんぎ ぎた ちぬん く あどぅれ はんがはみ
동기동기 기타 치는 그 아들의 한가함이
ジャガジャガギターを弾くその息子の暇さが

 

しむしまみょん ちょでぬん くぇじょんしげ じょんそりわ
심심하면 쳐대는 괘종시계 종소리와
退屈なら打っていた柱時計の鐘の音と

 

しっくろうん じょかどぅれ うるむそり おうろじん
시끄러운 조카들의 울음소리 어우러진
うるさい甥っ子たちの泣き声が調和した

 

 

かうる あちむ ねげん ちょんまる こだらん きっぷみや
가을 아침 내겐 정말 커다란 기쁨이야
秋の朝 私には本当に大きな喜びなの

 

かうる あちむ ねげん ちょんまる こだらん へんぼぎや
가을 아침 내겐 정말 커다란 행복이야
秋の朝 私には本当に大きな幸せなの

 

うんそくまん ぶりょっとん ねげん
응석만 부렸던 내겐
ただ甘えていた私には

 


かうる あちむ ねげん ちょんまる こだらん きっぷみや
가을 아침 내겐 정말 커다란 기쁨이야
秋の朝 私には本当に大きな喜びなの

 

かうる あちむ ねげん ちょんまる こだらん へんぼぎや
가을 아침 내겐 정말 커다란 행복이야
秋の朝 私には本当に大きな幸せなの

 

とぅんぐるむ じょちゃっとん ねげん
뜬구름 쫓았던 내겐
浮かんだ雲を追いかけてた私には

 

 


いるん あちむ ちゃぐん せどぅる のれっそり どぅりょおみょん
이른 아침 작은 새들 노랫소리 들려오면
早朝小さな鳥が歌う声を聴こえてきたら

 

おんじぇな くれっどぅっ あしゅぃぷけ ちゃむる けんだ
언제나 그랬듯 아쉽게 잠을 깬다
いつもそうだったかのように名残惜しく起きる

 

ちゃんむん はな へっさる かどぅく ぬんぶしげ びちょおご
창문 하나 햇살 가득 눈부시게 비쳐오고
窓ひとつ 日差しがいっぱいに眩しく照らしてくる