kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

바람의 노래(Hear The Wind Sing)/GFRIEND

スポンサードリンク
바람의 노래/여자친구
(Hear The Wind Sing)/GFRIEND
 
はんさん もるげまん ぬっきょじょんぬんで
항상 멀게만 느껴졌는데 
いつも遠くにだけ感じていたのに
 
おぬるん じょむ と そんみょんへじょ
오늘은 좀 더 선명해져
今日はもう少し鮮明になった
 
そるみょんはる す おっとん
설명할 수 없던 
説明できなかった
 
うりえ こり まじょ
우리의 거리 마저 
私たちの距離まで
 
いじぇん よんい どぇご いっそ
이젠 0이 되고 있어
今は0になっている
 
 
ぼいじ あんぬん とぅみ いっそど
보이지 않는 틈이 있어도
見えない隙間があっても 
 
そろるる ひゃんへ いんぬんごる
서로를 향해 있는걸
互いに向かっているの
 
もん きるる どら ちぇじゃりる ちゃじゅん ごるっか
먼 길을 돌아 제자릴 찾은 걸까 
遠い道を回って元の場所を探しているのか
 
いじぇぬん ねげ
이제는 내게
今は私のもとに
 
 
 
ちょぐむ と かっかい そぬる ねみろじょ
조금 더 가까이 손을 내밀어줘
もう少し近くに手を伸ばして 
 
きだりん すんがに ぬん あぺ いんぬんごる
기다린 순간이 눈 앞에 있는걸
待っていた瞬間が目の前にあるの
 
おぬせ うりん くりむじゃ くち たんぬん
어느새 우린 그림자 끝이 닿는 
いつのまにか私たちは影の端が触れる
 
まうみ どぅるりぬん
(마음이 들리는) 
(気持ちが聞こえる)
 
こりえ いんぬんごる
거리에 있는걸
距離にいるの
 
 
ばらめ のれる どぅろ
바람의 노랠 들어
風の歌を聴いて 
 
くぃっかえ めむどら
귓가에 맴돌아 
耳元で繰り返す
 
とろじょ こっとん
떨어져 걷던 
離れて歩いていた
 
そろが そろる ぶるぬん
서로가 서롤 부르는
互いが互いを呼ぶ
 
ばらめ のれる どぅろ
바람의 노랠 들어 
風の歌を聴いて
 
ちぐむ い すんがん
지금 이 순간 
今この瞬間
 
そね ちゃっぴる どぅっ
손에 잡힐 듯
手に掴めるような 
 
かっかい いんぬん うり
가까이 있는 우리
近くにいる私たち
 
 
 
 
たがおじ あんぬん じゅる あらっそ
다가오지 않는 줄 알았어
近づけないと思っていた 
 
かっかうぉじぬん じゅる もるらっそ
가까워지는 줄 몰랐어
近づいているとは知らなかった
 
ちょごど まうむん
적어도 마음은 
少なくとも心は
 
おりじ あんぬん うりん
어리지 않은 우린
幼くない私たちは 
 
じょむじょむ いり どぇご いっそ
점점 1이 되고 있어
少しずつ1になっている
 
 
ぼいじ あんぬん とぅみ いっそど
보이지 않는 틈이 있어도
見えない隙間があっても 
 
そろるる ひゃんへ いんぬんごる
서로를 향해 있는걸
互いに向かっているの
 
もん きるる どら
먼 길을 돌아 
遠い道を回り
 
ちぇじゃりる ちゃじゅん ごるっか
제자릴 찾은 걸까 
元の場所を探しているのか
 
いじぇぬん ねげ
이제는 내게
今は私のもとへ
 
 
ちょぐむ と かっかい そぬる ねみろじょ
조금 더 가까이 손을 내밀어줘 
もう少し近くに 手を伸ばして
 
きだりん すんがに ぬん あぺ いんぬんごる
기다린 순간이 눈 앞에 있는걸
待っていた瞬間が目の前にあるの
 
おぬせ うりん くりむじゃ くち たんぬん
어느새 우린 그림자 끝이 닿는 
いつの間にか私たちは影の端が触れた
 
まうみ どぅりぬん
(마음이 들리는) 
(気持ちが聞こえる)
 
こりえ いんぬんごる
거리에 있는걸
距離にいるの
 
 
 
ばらめ のれる どぅろ
바람의 노랠 들어
風の歌を聴いて 
 
くぃっかえ めむどら
귓가에 맴돌아 
耳元で繰り返す
 
とろじょ こっとん
떨어져 걷던 
離れた歩いた
 
そろが そろるる ぶるぬん 
서로가 서롤 부르는
互いが互いを呼ぶ
 
ばらめ のれる どぅろ
바람의 노랠 들어 
風の歌を聴いて
 
ちぐむ い すんがん 
지금 이 순간 
今この瞬間
 
そね ちゃっぴる どぅっ
손에 잡힐 듯
手で掴まるように 
 
かっかい いんぬん うり
가까이 있는 우리
近くにいる私たち
 
 
くぃるる はんぼん きうりょぼぁ
귀를 한번 기울여봐
耳を一度澄ましてみて 
 
ちょぐむしく と くげ のる ぶるご いっそ
조금씩 더 크게 널 부르고 있어
少しずつもっと大きく君を呼んでいる 
 
ちょ ばらみ ぶるぬん のれ
저 바람이 부르는 노래 
あの風が歌う歌
 
なる のえげ でりょが
날 너에게 데려가
私を君のもとへ連れて行って
 
 
 
ねげ ぼよじゅるけ そじゅんはん ね まみ
네게 보여줄게 소중한 내 맘이 
君に見せてあげる大切な私の心が
 
よじょに のる ひゃんへ ぴんなご いんぬんごる
여전히 널 향해 빛나고 있는걸
変わらず君に向かって輝いていることを
 
おぬせ うりん どぅ そん くっち すちぬん
어느새 우린 두 손 끝이 스치는 
いつの間にか私たちは両手の先が掠める
 
まうみ どぅるりぬん
(마음이 들리는) 
(気持ちが聞こえる)
 
こりえ いんぬんごる 
거리에 있는걸
距離にいるの
 
 
ばらめ のれる どぅろ
바람의 노랠 들어
風の歌を聴いて 
 
くぃっかえ めむどら
귓가에 맴돌아 
耳元で繰り返す
 
とろじょ こっとん 
떨어져 걷던 
離れて歩いていた
 
そろが そろる ぶるぬん
서로가 서롤 부르는
互いが互いを呼ぶ
 
ばらめ のれる どぅろ
바람의 노랠 들어 
風の歌を聴いて
 
ちぐむ い すんがん 
지금 이 순간 
今この瞬間
 
そね ちゃっぴる どぅっ
손에 잡힐 듯
手で掴めるような 
 
かっかい いんぬん うり
가까이 있는 우리
距離にいる私たち