kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

봄 날(Spring Day)/防弾少年団

スポンサードリンク

봄 날/방탄소년단
春の日/防弾少年団

 


BTS '봄날 (Spring Day)' MV


[BTS - Spring Day] Comeback Stage | M COUNTDOWN 170223 EP.512


ぼご しぷた いろっけ
보고 싶다 이렇게
会いたい こんな風に

 

まらにか と ぼご しぷた
말하니까 더 보고 싶다
言うからもっと会いたい


のひ さじぬる
너희 사진을
君たちの写真を


ぼごいっそど ぼご しぷた
보고 있어도 보고 싶다
見ていても会いたい

 

のむ やそくっかん しがん
너무 야속한 시간
とても冷酷な時間


なぬん うりが みぷた
나는 우리가 밉다
僕は自分たちが憎い


いじぇ おるぐる はん ぼん ぼぬん ごっ じょちゃ
이제 얼굴 한 번 보는 것 조차
今は一度顔を合わせることさえ


ひむどぅろじん うりが
힘들어진 우리가
苦しくなった僕らが


よぎん おんとん きょうる ぷにゃ
여긴 온통 겨울 뿐이야
ここはすっかり冬だけだ


ぱるうぉれど きょうり わ
8월에도 겨울이 와
8月でも冬が来る

 

 


まうむん しがぬる だるりょがね
마음은 시간을 달려가네
気持ちは時間を走っていく


ほるろ なむん そるぐきょるちゃ
홀로 남은 설국열차
1人残った雪国列車


に そん ちゃっこ じぐ
니 손 잡고 지구
君の手を握って 地球の


ばんでぴょんっかじ か
반대편까지 가
反対側まで行って


い きょうるる くんねごぱ
이 겨울을 끝내고파
この冬を終わりたい

 

 


くりうむどぅり
그리움들이
恋しさが


おるまな ぬんちょろむ ねりょや
얼마나 눈처럼 내려야
どれくらい雪のように降れば


く ぼむなり おるっか
그 봄날이 올까
春の日はくるのか


Friend

 


ほごんうる とどぬん
허공을 떠도는
空虚を流れる


ちゃぐん もんじちょろむ
작은 먼지처럼
小さな埃のように


ちゃぐん もんじちょろむ
작은 먼지처럼
小さな埃のように


なるりぬん ぬに ならみょん
날리는 눈이 나라면
飛ぶ雪が僕ならば


ちょぐむ と ぱるり ねげ
조금 더 빨리 네게
もう少し早く君に


たうる す いっする てんで
닿을 수 있을 텐데
触れられるのに

 

 

 

ぬんこっち とろじょよ
눈꽃이 떨어져요
雪の華が散る


と ちょぐむしく もろじょよ
또 조금씩 멀어져요
少しずつ遠ざかる


ぼご しぷた
보고 싶다
会いたい


ぼご しぷた
보고 싶다
会いたい


おるまな きだりょや
얼마나 기다려야
どれほど待てば


と みょっ ぱむる と せうぉや
또 몇 밤을 더 새워야
いくつの夜を数えれば


のる ぼげ どぇるっか
널 보게 될까
君に会えるかな


まんなげ どぅぇるっか
만나게 될까
出会えるかな

 

 

 

ちゅうん きょうる くとぅる じな
추운 겨울 끝을 지나
寒い冬が終わり


たし ぼむなり おる てかじ
다시 봄날이 올 때까지
また春の日が来る時まで


こっ ぴうる てかじ
꽃 피울 때까지
花が咲く時まで


くごせ じょむ と もむるろじょ
그곳에 좀 더 머물러줘
この場所でもう少し留まっていて


もむるろじょ
머물러줘
留まっていて

 

にが びょなん ごんじ
니가 변한 건지
君が変わったのか


あにみょん ねが びょなん ごんじ
아니면 내가 변한 건지
それとも僕が変わったのか


い すんがん ふるぬん しがんじょちゃ みうぉ
이 순간 흐르는 시간조차 미워
この瞬間流れる時間でさえも憎い


うりが びょなん ごじ むぉ
우리가 변한 거지 뭐
僕らが変わったんだ


もどぅが くろん ごじ むぉ
모두가 그런 거지 뭐
みんながそうなんだ

 

くれ みぷた にが
그래 밉다 니가
そうだ憎いんだ君が


のん となっちまん
넌 떠났지만
君は居なくなったけれど


たん はるど のるる
단 하루도 너를
1日も君を


いじゅん ちょぎ おぷそっち なん
잊은 적이 없었지 난
忘れたことはなかった僕は

 

 


そるちき ぼご しぷんで
솔직히 보고 싶은데
正直会いたいのに


いまん のるる じうるけ
이만 너를 지울게
これで君を消すよ


くげ のる うぉんまんはぎぼだん
그게 널 원망하기보단
それが君を望むことよりも


とる あぷにか
덜 아프니까
痛くないから

 

しりん のる ぶろね ぼんだ
시린 널 불어내 본다
冷たい君を吹いてみる


よんぎちょろむ はやん よんぎちょろむ
연기처럼 하얀 연기처럼
煙のように 白い煙のように


まるろぬん じうんだ へど
말로는 지운다 해도
言葉では消えると言っても


さしる なん あじく のる ぼねじ もったぬんで
사실 난 아직 널 보내지 못하는데
事実僕はまだ君を手離せないのに

 

ぬんこち とろじょよ
눈꽃이 떨어져요
雪の華が散る


と ちょぐむしく もろじょよ
또 조금씩 멀어져요
少しだけ遠ざかって


ぼご しぷた
보고 싶다
会いたい


ぼご しぷた
보고 싶다
会いたい


おるまな きだりょや
얼마나 기다려야
どれほど待てば


と みょっ ぱむる と せうぉや
또 몇 밤을 더 새워야
あといくつの夜を数えれば


のる ぼげ どぇるっか
널 보게 될까
君に会えるかな


まんなげ どぇるっか
만나게 될까
出会えるかな

 

You know it all
You're my best friend


あちむん たし おる こや
아침은 다시 올 거야
朝はまた来る


おっとん おどぅむど おっとん けじょるど
어떤 어둠도 어떤 계절도
どんな暗闇もどんな季節も


よんうぉなる す のぷにか
영원할 순 없으니까
永遠ではないから

 


ぼっこち ぴなぼぁよ
벚꽃이 피나봐요
桜の花が咲いたみたいだ


い きょうるど くち なよ
이 겨울도 끝이 나요
この冬も終わりだ


ぼご しぷた
보고 싶다
会いたい


ぼご しぷた
보고 싶다
会いたい


ちょぐむまん きだりみょん
조금만 기다리면
もう少し待てば


みょちる ばむまん と せうみょん
며칠 밤만 더 새우면
数日だけ夜を数えれば


まんなろ かるけ
만나러 갈게
会いに行くね


でりろ かるけ
데리러 갈게
迎えに行くね

 

 


ちゅうん きょうる くとぅる じな
추운 겨울 끝을 지나
寒い冬の終わりを迎え


たし ぼむなり おる てかじ
다시 봄날이 올 때까지
また春の日が来る時まで


こっ ぴうる てかじ
꽃 피울 때까지
花が咲く時まで


くごせ じょむ と もむるろじょ
그곳에 좀 더 머물러줘
その場所でもう少し留まっていて


もむるろじょ
머물러줘
留まっていて