kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

기다렸다가 가(Nosedive)/Dynamic Duo&CHEN

スポンサードリンク

기다렸다가 가/Dynamic Duo

 待ってから行け/Dynamic Duo 

 


[MV] Dynamic Duo(다이나믹 듀오), CHEN(첸) _ nosedive(기다렸다 가)

 

 


いり ぴごねんな
일이 피곤했나
仕事が疲れたのか


おぬるたら
오늘따라
今日に限って


はん どぅ じゃね ぽじね
한 두 잔에 퍼지네
1、2杯で広がる


ばん ぴょむちゃり うぃろ
반 뼘짜리 위로
指の半分くらい上で


はんすむ ぴうご なに
한숨 피우고 나니
溜息を吸って出すと


きぶに じょむ なあじね
기분이 좀 나아지네
気分が良くなる

 

 

よじゅむ どぅろ さぬん げ
요즘 들어 사는 게
最近になって生きるのが


ぼむ かうる がった ちょうん ごん
봄 가을 같아 좋은 건
春秋のように良いんだ


た ちゃるぶけ じなが
다 짧게 지나가
全てが短く過ぎて行って


おっとん いぬん
어떤 이는
どんなにこれは


ねが あにん なろ
내가 아닌 나로
僕じゃない僕として


なるる まんどぅろ
나를 만들어
僕を作る


どぅろった のっこん すちどぅっ
들었다 놓곤 스치듯
掴んで離しては掠めるように


ね ぎょとぅる となが
내 곁을 떠나가
僕の側を離れる

 

 

ねが かんへじょっとん ごんじ
내가 강해졌던 건지
僕が強くなったのか


むでょじょっとん ごんじ
무뎌졌던 건지
鈍くなったのか


いるにょね はん どぅ ぼん
일년에 한 두 번
1年で1、2回


うるもぎむる たへっとん
울먹임을 다했던
涙交じりで尽くした


ねが ぬんむり た なね
내가 눈물이 다 나네
僕が涙が全部出て


かりうぉじん ごる
가리워진 길
遮ったんだ

 

 

く のれが ね まうめ
그 노래가 내 마음에
あの歌が僕の心に


どぅりょっする って
들렸을 때
聞こえる時


ちょぐむ のがっそ
조금 녹았어
少し溶けた


いゆぬん た すとれすや
이유는 다 스트레스야
理由は全部ストレスだ


むのじぎ しろ
무너지기 싫어
崩れるのが嫌で


ぼてぃご じゅんばれぼりるか
버티고 증발해버릴까
耐えて蒸発してしまうかと


くぁく ちゅぃご いっとん でか
꽉 쥐고 있던 대가
ぎゅっと握っていた対価

 

 

ひむどぅる って あぷげ
힘들 때 아프게
辛いときは苦しく


くにゃん うろど どぇ
그냥 울어도 돼
ただ泣いても良い


と そろぷけ
더 서럽게
もっと悲しく


するぷみ かる って
슬픔이 갈 때
悲しみが行くとき


ぬんむり くちる ちゅめ
눈물이 그칠 쯤에
涙が枯れる頃に


ね おむじろ
내 엄지로
僕の親指で


に ぬん みとぅる
네 눈 밑을
君の目の下を


すろ じゅるけ
쓸어 줄게
拭ってあげる

 

 

ちゃね た くろん ごじ むぉ らみょ
짠해 다 그런 거지 뭐 라며
残念だ みんなそうなんだろ 何だって


ねが そじゅびょんうる かる って
내가 소주병을 깔 때
僕が焼酎の瓶を割る時


まふに た どぇ ちょむ ぺうぉったぬん
마흔이 다 돼 첨 배웠다는
40になって学んだっていう


のえ そね
너의 손에
君の手に


おせっかげ どぅるりん たむべが
어색하게 들린 담배가
ぎこちなく持たれたタバコが

 

ぷもねぬん くるみ
뿜어내는 구름이
吐き出す雲が


うりん あなじゅぬん ごっ がった
우릴 안아주는 것 같아
僕らを抱きしめてくれるみたいだ


ちゃまっとん きちむ そぎん うすみ
참았던 기침 섞인 웃음이
堪えていた咳交じりの笑い声が


とじょ なわ ちゃむしなま
터져 나와 잠시나마
弾け出て しばらくの間

 


ほんじゃが あにん ごっ がった
혼자가 아닌 것 같아
1人じゃないみたいだ


うりん そろるる ちんぐらご ぶるじ
우린 서로를 친구라고 부르지
僕らは互いを友達だと呼ぶ


てろん ううりらん ぶるに
때론 우울이란 불운이
時には憂鬱と言う不運が


なる まがそ なてらぬん くむり
날 막아서 나태라는 그물이
僕を遮って怠惰という網が

 


たどぅる ちゃぎ かる きる ちゃる かぬんで
다들 자기 갈 길 잘 가는데
みんな自分に進む道をうまく進むのに


なまん もむちょそん ごっ がった
나만 멈춰선 것 같아
僕だけ立ち止まっているみたいだ


いでろ くぇんちゃぬるっか らぬん むるみ
이대로 괜찮을까 라는 물음이
このままで大丈夫かという問いが


もりっそぐる となじ あな
머릿속을 떠나지 않아
頭の中から離れない

 


けそく むりょっかげ
계속 무력하게
ずっと無力で


ひょんしるる こっどぅるだ ぼみょん
현실을 겉돌다 보면
現実を俯瞰して見ると


てろん ねが ゆりょん がって
때론 내가 유령 같애
時には僕が幽霊みたいって


こどぅん むどむ がって
고독은 무덤 같애
孤独は墓みたいだって


のん く そげそ
넌 그 속에서
君はその中で


なる おんじぇな こねじょ
날 언제나 꺼내줘
僕をいつも取り出して


い のれ ふりょむ がって
이 노래 후렴 같애
この歌のサビみたいだ

 

 

ひむどぅる って あぷげ
힘들 때 아프게
辛いときは苦しく


くにゃん うろど どぇ
그냥 울어도 돼
ただ泣いても良い


と そろぷけ
더 서럽게
もっと悲しく


するぷみ かる って
슬픔이 갈 때
悲しみが行くとき


ぬんむり くちる ちゅめ
눈물이 그칠 쯤에
涙が枯れる頃に


ね おむじろ
내 엄지로
僕の親指で


に ぬん みとぅる
네 눈 밑을
君の目の下を


すろ じゅるけ
쓸어 줄게
拭ってあげる

 


ほんじゃが どぇぎ しろ
혼자가 되기 싫어
1人になりたくない


おぬるど ぬぐんがるる
오늘도 누군가를
今日も誰かを


ぶっちゃっこ ほんじゃ どぅじ あんちまん
붙잡고 혼자 두지 않지만
掴んで1人にならないようにと


ちべ どらおぬん きるん
집에 돌아오는 길은
家に帰る道は


よくし うぇろうぉ
역시 외로워
やっぱり寂しい


てぃびるる とろのっこ
TV를 틀어놓고
TVをつけて


ちゃみ おぎる きだりょ
잠이 오길 기다려
眠気が来るのを待つ

 


す まぬん ぴょんじょむ そげ
수 많은 평점 속에
たくさんの評点の中で


なる ちぇじょまじ あんぬん
날 채점하지 않는
僕を採点しない


みょっみょっぐぁ おれ はむけ はご しぷ
몇몇과 오래 함께 하고 싶네
いくつかと長く一緒にいたい


ちょくまっかん はるえ むんとくる
적막한 하루의 문턱을
寂寞とした1日の入り口を


のむがる す いっけ
넘어갈 수 있게
乗り越えられるように


ねが なろ おんじょに
내가 나로 온전히
僕が僕として完全に


さらがる す いっけ
살아갈 수 있게
生きていけるように

 


かっくむしく じどっかげ ほむへ
가끔씩은 지독하게 허무해
時々物凄く虚しい


うぇ さな しぽ
왜 사나 싶어
どうして生きるんだと考える


どでちぇ なん おでぃろ かな しぽ
도대체 난 어디로 가나 싶어
一体僕はどこへ行くんだと考える


くろるさはん かみょぬる そ
그럴싸한 가면을 써
最もらしい仮面を着けて


いじぇぬん いくすっけじん
이제는 익숙해진
今は慣れてきた


かみょんうる そ いげ ねが まんな しぽ
가명을 써 이게 내가 맞나 싶어
仮面を着けてこれが自分で合っているのかと考える

 


いろっけ かるぴるる もっ ちゃっこ
이렇게 갈피를 못 잡고
こうやって筋道を掴めず


へめる て ぬぐんが がっち
헤맬 때 누군가 같이
彷徨う時 誰かが一緒に


いっそじゅんだぬん ごん
있어준다는 건
いてくれるという事は


けさなる す おんぬん かち
계산할 수 없는 가치
計算できない価値


こじっちょろむ こぷじるまん なむん せさん
거짓처럼 껍질만 남은 세상
偽りのように皮だけ残った世界


うりん そろるる じゃんなんちょろむ
우린 서로를 장난처럼
僕らは互いを冗談のように


かんだなげ ぱんだなじ あんち
간단하게 판단하지 않지
簡単に判断しないだろう

 

 

ひめ ぶちょ ちゃむかん ぬん じょむ ぶちょ
힘에 부쳐 잠깐 눈 좀 붙여
手に負えず少しの間目をつけて


おるまな こでぇっするか
얼마나 고됐을까
どれほど辛かったのか


ばらむぐぁ い ぴが じながる って
바람과 이 비가 지나갈 때
風とこの雨が過ぎるとき


かじまん きだりょったが
까지만 기다렸다가
までは待ってから行け

 


ひむどぅる って あぷげ
힘들 때 아프게
辛いときは苦しく


くにゃん うろど どぇ
그냥 울어도 돼
ただ泣いても良い


するぷみ かる って
슬픔이 갈 때
悲しみが行くとき


ぬんむり くちる ちゅめ
눈물이 그칠 쯤에
涙が枯れる頃に


ね おむじろ
내 엄지로
僕の親指で

 

に ぬん みとぅる
네 눈 밑을
君の目の下を


すろ じゅるけ
쓸어 줄게
拭ってあげる