kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

봄의 나라 이야기(April Story)/April

スポンサードリンク

봄의 나라 이야기/에이프릴
春の国の物語(April story)/April

 


[MV] APRIL(에이프릴) _ April Story(봄의 나라 이야기 )


おんじぇいんじ もるる ちゃむ おれじょん いぇぎ
언제인지 모를 참 오래전 얘기
いつなのかわからない とても昔の話


そにょぬん あむ まるど はる す おぷそって
소녀는 아무 말도 할 수 없었대
少女は何も話せなかったと


しがに ふるご と けじょり がど
시간이 흐르고 또 계절이 가도
時間が流れ また季節が過ぎても


よじょなん く まうむ おっとけどぅん すむぎょっで
여전한 그 마음 어떻게든 숨겼대
変わらないその心 どうしても隠したって

 

 


へんぼけ ぼよ く もすぶじょちゃ
행복해 보여 그 모습조차
幸せに見える その姿でさえ


みうぉじる まんくむ
미워질 만큼
憎くなるくらい


じょむじょむ こじょがぬん まうむ
점점 커져가는 마음
少しずつ大きくなっていく心


じょなじ もったる ぴみり どぇっそよ
전하지 못할 비밀이 됐대요
伝えられない秘密になったって

 

 


ぼめ ならえ さぬん く そにょぬん
봄의 나라에 사는 그 소녀는
春の国に住むその少女は


おるむ ならえ もっちん そにょぬる ぼあっちょ
얼음 나라의 멋진 소년을 보았죠
氷の国の素敵な少年を見たの


きょうる ならえ いぇっぷん くにょ ぎょてそ
겨울 나라의 예쁜 그녀 곁에서
冬の国の綺麗な彼女の側で


ぬる うっこ いんぬん く もすぶる
늘 웃고 있는 그 모습을
いつも笑っているその姿を


あるむだうん まむる おっちろ すむぎご
아름다운 맘을 억지로 숨기고
美しい心を無理矢理隠して


あるむだうん どぅるる うぃへ きどるる へってよ
아름다운 둘을 위해 기도를 했대요
美しい2人のために祈ったって


そろえ まみ びょなじ あんきるる
서로의 맘이 변하지 않기를
互いの心が変わらないように


はぬれ めいる びろっでよ まち なちょろむ
하늘에 매일 빌었대요 마치 나처럼
空に毎日祈ったって まるで私のように

 

 

 


へんぼけ ぼよ く もすぶじょちゃ
행복해 보여 그 모습조차
幸せに見える その姿でさえ


みうぉじる まんくむ
미워질 만큼
憎くなるほど


ちょんまる おちょる す おんぬん まうむ
정말 어쩔 수 없는 마음
本当にどうすることもできない心


と ぱぼちょろむ ほんじゃそ だるれよ
또 바보처럼 혼자서 달래요
また馬鹿みたいに1人で慰めるの

 

 


ぼめ ならえ さぬん く そにょぬん
봄의 나라에 사는 그 소녀는
春の国に住むその少女は


おるむ ならえ もっちん そにょぬる ぼあっちょ
얼음 나라의 멋진 소년을 보았죠
氷の国の綺麗な少年を見たの


そろえ まみ びょなじ あんきるる
서로의 맘이 변하지 않기를
互いの心が変わらないように


はぬれ めいる びろっでよ まち なちょろむ
하늘에 매일 빌었대요 마치 나처럼
空に毎日祈ったって まるで私のように

 

 


あぷん どんふぁ そく いぇぎが
아픈 동화 속 얘기가
つらい童話の中の物語が


もどぅ ね いぇぎ がったっそ
모두 내 얘기 같았어
全部私の話のようで


たるん ぼみ おぎる ばれよ
다른 봄이 오길 바래요
違う春が来るよう望むの


なん くれよ
(난 그래요)
(私はそうなの)


おっちろ すむぎょどぅん ね まみ たうるっか ぼぁ
억지로 숨겨둔 내 맘이 닿을까 봐
無理に隠した私の心が届くかな

 

はんさん ほんじゃまん あらよ
항상 혼자만 앓아요
いつも1人だけ病んでるの

 

 

 

 

ぼめ ならえ さぬん く そにょぬん
봄의 나라에 사는 그 소녀는
春の国に住むその少女は


おるむ ならえ もっちん そにょぬる ぼあっちょ
얼음 나라의 멋진 소년을 보았죠
氷の国の素敵な少年を見たの


きょうる ならえ いぇっぷん くにょ ぎょってそ
겨울 나라의 예쁜 그녀 곁에서
冬の国の綺麗な彼女の側で


ぬる うっこ いんぬん く もすぶる
늘 웃고 있는 그 모습을
いつも笑っているその姿を


あるむだうん まむる おっちろ すむぎご
아름다운 맘을 억지로 숨기고
美しい心を無理に隠して

 

きじょくちょろむ た じうぉじぎるる ばらじょ
기적처럼 다 지워지기를 바라죠
奇跡のように全部消えるように願ったの


あむ まうむ おっとん く なり おぎるる
아무 마음 없던 그 날이 오기를
なんの心も無かったあの日が来るように


はぬれ めいる びろっでよ まち なちょろむ
하늘에 매일 빌었대요 마치 나처럼
空に毎日祈ったって まるで私のように