kpop歌詞 翻訳

Kpopの歌詞を翻訳して勉強している韓国語独学者の趣味ブログ

WINDY DAY/OH MY GIRL

スポンサードリンク

WINDY DAY/ OH MY GIRL

 

 


もるりそ のる だるむん ばらみ いろ
멀리서 널 닮은 바람이 일어
遠くで君に似た風が起こる


ぶろわ ねげ
불어와 내게 hello hello hello
吹いてきて 私の元へ hello


ちんちゃろ ちんちゃろ そじゅんはん ごすん
진짜로 진짜로 소중한 것은
本当に 本当に大切なことは


ぼいじ あんぬんで
보이지 않는대
見えないのに


たすはん おんど ぶどぅろうん ちょっかむ
따스한 온도 부드러운 촉감
暖かい温度 柔らかい感触


さらんいん ごるっか ねげ おん ごるっか
사랑인 걸까 내게 온 걸까
恋なのかな 私の元に来たのかな

 

ね まみ はる じょんいる はんどんあん しんすんせんすん はどに
내 맘이 하루 종일 한동안 싱숭생숭 하더니
私の心が一日中しばらく ずっとうきうきしては


いろりょご くれっとん ごる
이러려고 그랬던 걸
そうしていたの


なえ まうむ はんちょげ うんくりょっとん かむじょんい
나의 마음 한쪽에 웅크렸던 감정이
私の心の片隅で縮まっていた感情が


きぷん ちゃめそ けおなっそ
깊은 잠에서 깨어났어
長い眠りから覚めたの

 

のるる せんがっかみょん ふんどぅるりぬん なむどぅるぐぁ
너를 생각하면 흔들리는 나무들과
君を思えば揺れる木々と


のるる ぼる ってまだ どらがぬん ばらむげび
너를 볼 때마다 돌아가는 바람개비
君を見るたびに回る風向計


いごん ねが のるる まに ちょあはんだん じゅんご
이건 내가 너를 많이 좋아한단 증거
これは私が君を好きだっていう証拠

 

 

おちょる すが おぷし なん てぃが な おるぐれ
어쩔 수가 없어 난 티가 나 얼굴에
どうしようもできない 私は顔に出てしまう


など もるれ ぼり っと もんじょ ばるぐれ
나도 몰래 볼이 또 먼저 발그레
気づかぬうちに頬がまず赤くなる


なるる ひゃんへ ぶろおぬん のえ いっきめ
나를 향해 불어오는 너의 입김에
私に向かって吹いてくる君の息遣いに


ふんどぅりょ ふんどぅりょ
흔들려 흔들려
揺れる 揺れる

 

windy day windy day
windy day windy day

 

 

もりが おんまんい どぇおど ちょあ
머리가 엉망이 되어도 좋아
髪がグチャグチャになっても構わない


きぶぬん ちょうにっか
기분은 좋으니까
気分がいいから


ばかってん くるみ ぴるる ぷりょど
바깥엔 구름이 비를 뿌려도
表では雲が雨を降らせても


ね まむん あにや
내 맘은 아니야
私の心は違う

 

たすはん へっさる ぶどぅろうん ばらむ
따스한 햇살 부드러운 바람
暖かい日差し 柔らかい風


ぼみ おん ごるっか ねげ おん ごるっか
봄이 온 걸까 내게 온 걸까
春が来るのかな 私の元に来るのかな

 


ね まみ はる じょんいる はんどんあん しんすんせんすん はどに
내 맘이 하루 종일 한동안 싱숭생숭 하더니
私の心が一日中ずっとうきうきして


いろりょご くれっとん ごる
이러려고 그랬던 걸
そうしてたの


なえ まうむ はんちょげ うんくりょっとん かむじょんい
나의 마음 한쪽에 웅크렸던 감정이
私の心の片隅に縮まっていた感情が


きぷん ちゃめそ けおなっそ
깊은 잠에서 깨어났어
長い眠りから覚めたの

 


のるる せんがっかみょん ふんどぅるりぬん なむどぅるぐぁ
너를 생각하면 흔들리는 나무들과
君を思えば揺れる木々と


のるる ぼる ってまだ どらがぬん ばらむげび
너를 볼 때마다 돌아가는 바람개비
君に会うたびに回る風向計


いごん ねが のるる まに ちょあはんだん じゅんご
이건 내가 너를 많이 좋아한단 증거
これは私が君を好きだっていう証拠

 

 

おっちょる すが おぷそ なん てぃが な おるぐれ
어쩔 수가 없어 난 티가 나 얼굴에
どうしようもできない私は顔に出てしまう


など もるれ ぼり っと もんじょ ばるぐれ
나도 몰래 볼이 또 먼저 발그레
気づかぬうちに頬がまず赤くなる


なるる ひゃんへ ぶろおぬん のえ いっきめ
나를 향해 불어오는 너의 입김에
私に向かって吹いてくる君の吐息に


ふんどぅりょ ふんどぅりょ
흔들려 흔들려
揺れる 揺れる

 

windy day windy day
windy day windy day

 

 

 

ばらむぎょれ どぅりょおぬん のえ こべげ
바람결에 들려오는 너의 고백에
風の知らせで聞こえてくる君の告白に


そるたんちょろむ のんぬん じゅん なぬん おぬせ
설탕처럼 녹는 중 나는 어느새
砂糖のように溶けている私はいつのまにか


きっとるちょろむ はぬる うぃるる ならだにね
깃털처럼 하늘 위를 날아다니네
鳥の羽根の様に空の上を飛び回る


could you tell could you tell

 

 

ね まみ はる じょんいる はんどんあん しんすんせんすん はどに
내 맘이 하루 종일 한동안 싱숭생숭 하더니
私の心が一日中ずっとうきうきして


いろりょご くれっとん ごる
이러려고 그랬던 걸
そうしてたの


なえ まうむ はんちょげ うんくりょっとん かむじょんい
나의 마음 한쪽에 웅크렸던 감정이
私の心の片隅に縮まっていた感情が


きぷん ちゃめそ けおなっそ
깊은 잠에서 깨어났어
長い眠りから覚めたの


のるる せんがっかみょん ふんどぅるりぬん なむどぅるぐぁ
너를 생각하면 흔들리는 나무들과
君を思えば揺れる木々と


のるる ぼる ってまだ どらがぬん ばらむげび
너를 볼 때마다 돌아가는 바람개비
君に会うたびに回る風向計


いごん ねが のるる まに ちょあはんだん じゅんご
이건 내가 너를 많이 좋아한단 증거
これは私が君を好きだっていう証拠

 

おっちょる すが おぷそ なん てぃが な おるぐれ
어쩔 수가 없어 난 티가 나 얼굴에
どうしようもできない私は顔に出てしまう


など もるれ ぼり っと もんじょ ばるぐれ
나도 몰래 볼이 또 먼저 발그레
気づかぬうちに頬がまず赤くなる


なるる ひゃんへ ぶろおぬん のえ いっきめ
나를 향해 불어오는 너의 입김에
私に向かって吹いてくる君の吐息に


ふんどぅりょ ふんどぅりょ
흔들려 흔들려
揺れる 揺れる

 

windy day windy day
windy day windy day